2008年01月08日

置きにいくのはやめよう

昨日は今年最初の試合、大阪社会人リーグ戦の第一日目でした。
場所は初めての「羽曳野コロセウム」大阪の地理に疎い僕は、羽曳野の名前は知ってても
それが一体どこらへんにあるのか、ぜ〜んぜん知りませんでした。
調べてみると最寄り駅は近鉄線の「恵我之荘」(えがのしょうと読みます)鈍行しか
止まらない寂しさ満点の駅で、この試合が無ければ僕が一生訪れることのなかったに
違いない、それはそれはさびれた小さな駅でした。
チームメイトのM市とその駅で待ち合わせた僕は、10分待ち合わせ時間より早く到着
しておりました。駅の周りにコンビニもなさそう(あったかもしれないけどよく調べな
かった)だったので、駅のホームのベンチで待っておこうと思ったら、ここで何と
タイミングの良いことか、健全かつ確実な便意を下腹部に感じてきたのです。
時間つぶしにこれほど最適な行動がありましょうか!?僕は駅のトイレに悠然と入室し
荷物を置き、上着を脱ぎ、括約筋も徐々に緊張を失いつつあったその時、右脳の発達した
僕はすぐに異変に気づきました。

このトイレには、紙が無い・・・

トイレットペーパーがきれていたのではないのです。はなからトイレットペーパーが
設置されていないのです。
僕は弛緩しつつある括約筋に再度速やかに緊張を与え、トイレの周りを調査し始めました。
そうなのです。恵我之荘駅のホームのトイレは、ペーパーが別売りなのです!!!
その時僕は、家から持参したスポーツ新聞を手にしてはおりましたが、さすがにそれを
くしゃくしゃにしてまで、大事で敏感な部分に不必要な刺激を与えたくも無かったので
断腸の思いで、大枚100円をはたいて「水に流せるティッシュペーパー」を購入
したのでした。

朝のお勤めを終えた頃、M市の乗った電車が到着。僕は何食わぬ顔で「おはよう」と
隠し切れない清清しさで、爽やかに挨拶したのでした。

肝心の試合ですが、あまり書きたくない結果、つまりは全敗の憂き目に遭いました・・・
大阪社会人リーグ戦は二日制です。1部リーグは全部で8チーム。それがAブロックと
Bブロックに分かれ、4チームで総当りします。つまりブロックで3試合です。
初日の昨日は、その3試合のうち2試合をしました。

1試合目は優勝候補と目されるフェニックス。ここにはシングルスで勝つのが困難と見て
ダブルス2つ(2複1単なのです)取りに行こうの作戦でした。
第一ダブルスに登場した僕と見市は、1ゲーム目をバタバタしながらも先取して
勢いに乗るかと思ったのですが、ふたを開けてみると1−2で逆転負けでした。
相手のスマッシュが速くて僕には取りきれなかったのと、前に出る動きが速かったので
返球に緊張を強いられ、力が入ってしまってついつい大振りとなり、それがまたミスに
つながって、良いところがあまりなく敗北となってしまいました。
第二ダブルスも1ゲームを取る健闘を見せましたが、実力差は歴然で最後は押し切られた
形でした。
シングルスはエース北辻に対し、こちらはブログ頻出の丸野を投入!1ゲーム目セティング
となる頑張りを見せてくれましたが、22-20で1ゲームを落とすと、2ゲーム目は体力が
ご臨終の様子で、水揚げされた金魚のように、白い顔をして口をパクパクしながら
何とかラリーするのが精一杯で、残念ながら体力で完敗の結果でした。
しかし丸野くん、よく頑張ったぞ。またシングルスやろうね。

2試合目が本当の勝負と目論んでいた僕らは、ここでも作戦を立てました。
相手は泉北バード。木曜日一緒に練習している金澤くんが所属しているチームです。
シングルスの林くんは、以前ブログにも書いた選手ですが、シングルスは大阪でもトップ
クラスの実力を持つ為、ここも僕らはダブルス2つ取りに行こうと、選択肢のない戦略を
確定させました。

第一ダブルスは今回初めて1部デビューとなる若手のホープ利光・丸野ペアです。
一進一退となる試合展開で、ここが負けると実質試合が終わることから、僕も大きな声で
応援し続けましたが、最後はミスの少なかった相手チームの勝利となりました。

第二ダブルスは僕・見市vs上地・野田ペアです。
上地さんは、奥さんがよく木曜日に練習に来てくれますし、上地さん自身も幾度も対戦した
ことのある、どちらかというとやりにくくはない人ではありました。
僕と見市は「チームとしては負けたとしても、飲み会で楽しく飲む為に、ここはきっちり
勝っておこう」ということで、真面目にやりました。(1試合目も真面目にやってます)

上地さんは、レシーブが固く上手いので、いつもはあまり打ってこずにパカーンと上げて
ばかりのディフェンシブなプレーなのですが、昨日は最初から積極的にスマッシュを
打ち込んできて、ちょっと違うなと感じました。

真剣なラリーの応酬でしたが、不幸なことに1ゲーム目の途中、軽くジャンプして着地
した時、僕の右アキレス腱が「ピキッ」と鳴ったような気がして、そこからジンジン痛み
を感じて「これは激しく動いたらアキレス腱が切れるのでは」と怖くなり、ピタッと
動きが止まってしまいました。1ゲームはあっさりと献上してしまいました。

しかし、そこで棄権するのも興醒めなので、アキレス腱を伸ばしに伸ばしながら、何とか
試合を継続し、2ゲーム目は先に19点を奪いながらも逆転され、マッチポイントで
厳しい攻撃を何とかしのぎ、20-20に追いつきましたが、そこから2点を連続失点し
ジエンド・・・
その時点で既に並行試合でシングルスが負けていたので、初日の結果は何と0-3、0-3の
最悪の滑り出しとなってしまいました。

僕の出来も相当悪く、かなりチャンスボールや普通の球をミスっており、パートナーの
見市にフラストレーションを溜めさせてしまったと思います。いつもながらゴメンなさい
・・・

しかし、残念ではありますが、それが昨日時点の実力でしたので仕方ありません。
次回は2月3日。次に負けるようだと、またまた二部落ちとなってしまいます。
それだけは何とか回避したいので、後一ヶ月間、なまった体をもう一度鋼鉄の筋肉で
まといたいと思います!?

ではバドの話。

<置きにいくのはやめよう>

これは未だに僕もよくやってしまうのですが、ダブルスでのラリー中、相手が強い球で
プッシュしてくるところを、ネット前にラケットを押さないですっと返すという
いわゆる「置きにいく」返球を多用してしまいます。

この球が常に悪いわけでもないと思うのですが、次の点で問題ありと考えます。

1)相手にコースが読まれやすい
  置きにいく場合、ほぼ腕の動きがありません。面だけ合わせてすっと前に押すだけの
  感じです。そしてその打ち方だと、腕の動きが固定されて面も打球方向を向けたまま
  なので、返球コースがばれやすいのです。

2)相手に脅威を与えられない
  前に置いてばかりだと、強い球はないと判断されて、相手にどんどん前に詰め寄ら
  れてしまいます。プッシュしてくる前衛はおろか、後衛までも突っ込んでくることが
  予想されます。(強いペアは、前衛が良いプッシュをした場合、後ろから前に
  突っ込んできます)

3)ネットに掛けやすい
  置きにいく球は、ポワーンと力の無い球です。シャトルの軌道もどちらかと言うと
  山なり気味です。
  そういう球は、距離感の手加減が難しく、ネットに届かずにミスとなる可能性が
  高まります。

シャトルを置きにいってしまうというのは、自分で考察するに、厳しい球を返してやろう
という強い気持ちが欠けている状態だと思います。
打たれてから反応の形で、強く弾き返す準備ができていないので、置きにいかざるを
得ないのです。

まあ、猪突猛進してくる直線的なプレーヤーに対しては、それをすっとクロスに流す
いわゆるかわす返球も必要だと思いますが、シャトルを置きにいくのは気持ちが受身です
ダブルスのラリーは速いので、常に自分のところに強い球が来る事を想定して、それに
備えた態勢を作っておかなければなりません。

それがラケットをしっかり上げておくことであり、強いドライブに対して強い球で
応酬できるように次の球・次の球を待っておくことであります。

たまに奥深く追い込まれた状態で、スマッシュを打ち切れなくて逃げのドロップを打ち
それを読まれて前で叩かれる場面を見ますが、それも同じくNGです。
ダブルスで、ドロップを打つ場面は、絶対的にバッチリ前でスマッシュが打てるような
良い体勢の時に限ると思います。
苦しい時は、ドロップはダメです。

上記はつまり、どのような状況においても、相手にショットを読ませずに脅威を与える
事を意味します。
強く打たれて前に置くのは安易です。
同じく、追い込まれてドロップで逃げるのも安易かつ危険です。

弱い力の球を打つのは、強い球が繰り出せる良い体勢の時にしましょう。
弱い力の球しか打てないところで、弱い球を打てば、それはバレます・・・

まずダブルスにおいては、基本、強い球で相手を押し込む事を主眼に、ラリー展開して
いくことが良いと思います。
***************************

昨日は試合後、反省会をいつもの京橋W民(え〜い、もう和民と書こう!)で飲みました
全敗の為、皆相当ローテンションでしたが、どっちにしても晩御飯要らないと宣言して
いたこともあり、まあいっとこかということで、昨日仕事で試合は参加できなかった
マメール中川君に予約してもらい、残念会がしめやかに執り行われました・・・
しかし、少量のアルコホールさえ注入すれば、ポパイのほうれん草のように簡単に元気と
活力を取り戻すのが僕らの良い所!?
得意の焼酎もボトルで2本頼み、昨年末から風邪でお酒も飲まず運動もしていなかった
僕は、最後は完璧にグロッキー状態となりました。
昨日はマメール中川君が、試合に参加していないからかハイテンションをキープして
現在のバド状況が、今までのバド人生で一番楽しい!と嬉しいコメントをしてくれました
僕は、半分夢うつつの半分白目で聞いていました。実は夢だったかも!?
2時間限定と言っていた飲み会は、気がつけば3時間半を経過してしまったくらい
盛り上がって終了。店を出た後は、京橋恒例の「天そ」(天ぷらそばの略)290円也を
皆で食べて解散しました。飲み会後の京橋の「天そ」は極上の味です!
是非、大阪に住んでいる人はお試しあれ。

ということで、またまた長〜い文章で失礼しました。しかしこれこそがマイペース。
これからも完全に自分のペースで継続していきたいと思いますので、引き続き応援の程
よろしくお願い致します。

前のブログのコメント欄でメアドご連絡頂いた方々。本当にありがとうございます。
皆さんのご要望に沿う記事をおいおい書き綴って参りますので、お楽しみに!

ではまた!
posted by まさやん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック