2016年04月01日

サーブプッシュをワイパーショットでセンターに打とう

昨日今日はかなり暖かく、本格的な春の到来を実感します。
週末には、お花見の賑わいもあちこちで見られることでしょうね!
満開の桜を愛でつつ、お酒を飲んで盛り上がるのは、日本の良き
伝統だと思います。
満開の桜が無くても、しょっちゅうお酒を飲んで盛り上がっては
いますが・・・(^^;

春は別れの季節でもありますが、新しい環境で新しいスタートを
きる時期でもあります。

生徒さん、学生さんであれば新学期。社会人であれば、新部署や
新天地での生活が始まる、期待と不安が入り混じる中でも、なぜか
ワクワクする節目の時期ですね!

僕もこの4月から少し環境が変わります。
新しくミズノ交野でも教えることになったことに加えて、また
もうひとつ別の意外な!?場所でもバドミントンを教えることに
なりました。

そちらについては、正式にスタートしてからまた報告させて頂き
ますが、今までにも増して「バドミントンで生活する」という
ことに邁進している感じで、大好きなことで生きていけている!
ということは、本っ当に嬉しく楽しく、そして幸せだなぁと
心から本音で思えることが、とても恵まれていると思います。


レッスンDVDは、おかげさまで堅調に販売できておりますが、僕の
本音としては、もっともっと多くの方々にご覧頂いて、もっと
もっと多くの方々に上達して頂いて、喜びを感じてほしいと思って
おります。

新年度ということもありますので、新しい門出を祝う意味で
レッスンDVDを期間限定ながら、特別価格で提供させて頂きます!

DVD Vol.1、Vol.2の単品1枚は、10%offの4,490円!
DVD Vol.1 & 2の2枚セットは、20%offの7,980円!!!

新しい環境でも、ぜひバドミントンを頑張ってほしいという応援の
気持ちを込めて、2016年4月30日まで特別価格にて販売させて
頂きます。

今まで、興味がありながら、ちょっと様子見!?されていた方
買いたかったけど、少しお小遣いが・・・という方
ぜひ、この機会に、まさやんの渾身の名作を入手して「超」
レベルアップを実現させて下さい。

第三弾は・・・着手はしていますが、引き続き頑張ります(^^;


さて、先月の27日は、この時期毎年恒例の四條畷オープン団体戦が
四條畷サン・アリーナにて行われました。
年齢制限なしの一部と、チーム合計年齢280歳以上の二部があり
僕らは四條畷Aチームとして、二部に参加してきました。

昨年の同大会では、決勝でライバルのセントポーリアに負けて
5連覇を逃しましたので、また今年から連覇を続けるべく、精鋭を
集めて試合に臨みました。
メンバーは、見市昌弘、畑下、有田、横内にまさやん夫婦です。

決勝までは問題なく勝ち上がりました。
決勝の相手は「ゴリラ」というチームでしたが、メンバーは

寺尾さん、米野さん、岩津くん、竹内さん、横井さん、早野さん
という、なかなかの強豪でした。

第一ダブルスは、見市・まさやんVS米野・岩津でした。
準決勝までは、あまり気合いを入れずとも勝ててこれましたが
決勝は最初から全力を投じて、上がった球は全てスマッシュ!と
気合いを入れて臨みました。

が、どうにも見市が不調なのです・・・
得意のドロップがことごとくネットに掛かり、スマッシュも同じ。
相手に上げさせて、こちらが攻撃しているにも関わらず、相手に
点を献上している展開に、なかなか点差がつかず、それどころか
20オールにまでなってしまいました。
もちろん、僕もミスってはいましたが、当日に限っては見市の
ミスが非常に目立ちました。

この大会は、延長戦なしですので、20オールとなったら、次の1点
を取った方が、第一ゲーム先取となります。
また、ファイナルは11点1ゲームですので、第一ゲームを落として
しまうと、もしファイナルになった場合でも、心の余裕が無くなり
ます。

しかし、最後の一本は相手がサイドアウトしてくれて、何とか
先取!

2ゲーム目も接戦ではありましたが、終始数点のリードを保ち
最終的には5点差くらいで何とか勝ち切ることができました!


第二ダブルスは女子ダブルスで、有田・横内VS竹内・横井でした。

が、ここは実力差があり、その実力差通りにリードを保ったまま
2-0での完勝!
その瞬間に、最後のミックスは打ち切りとなり、2年ぶりの優勝が
決まったのでした!やった〜\(^o^)/

優勝メンバーの記念撮影です!

DSCN5107.JPG

Photo by 横内さん


試合後は、見市が予約してくれていた、忍ケ丘駅前の「あぐ楽」
にて、楽しい祝勝会でした。
祝勝会と銘打ってはいましたが、気分的には普通の楽しい飲み会
でした!
いつもの通り、たくさん頂いて、大変良い気分にさせて頂き
おかげさまで、二次会のことはあまり覚えておりません(^^;
覚えているのは、猛烈な睡魔との厳しい戦い!?でした。

今回のメンバーはみな強いばかりでなく、メンバー同士和気藹々と
仲が良く、その点でも楽しくプレーすることができました。
来年もまた同じメンバーで出場したいものです!
参加者の皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m
また、対戦してくれた皆さんもありがとうございました。



では、バドの話。


<サーブプッシュをワイパーショットでセンターに打とう>

ダブルスのラリーの始めはサーブです。
サーブする時、レシーブする時、神経を集中させなければならない
大事な場面です。

サーブレシーブ側としては、基本的に有利な立場(サーブは必ず
下から上に打たれるので、最初から攻撃できるから)ですので
そこでなんとか効果的なショットを打ちたいところです。

つまり、相手後衛にとって、取りにくい球を繰り出して、相手に
球を上げてもらうか、あわよくば、そのショットで決めてしまい
たいところですよね!

サーブレシーブの基本は今までにも書いてきましたが、狙い所は

1)バック奥
2)センター
3)両サイドのハーフ
4)ネット

が基本になると思います。
何度も言いますが、相手のフォア側には、よほど速いタッチで
打てた場合とか、しっかりフェイントが掛けられている場合を
除いて、できるだけ打たないようにしましょう。

今回のお題は、2)のセンターに打つ場合です。

なぜセンター狙いが良いかと言うと

1)打つ場所から相手までの距離が短いため、相手に速く到達し
  相手の時間的余裕を奪うことができるから

2)センターからは、返球コースが限定されて的を絞りやすく
  なるから(相手の打点を扇の要として、こちらのコート幅の
  範囲にしか飛んでこないので、ネットを通過する幅が狭く
  なって待ちやすくなるから)

3)相手前衛が影になってシャトルが見にくくなる場合もあるから

4)サイドアウトは絶対になくなるから

というのが理由ですが、そのセンターへのプッシュをワイパー
ショットで打つことによって、相手後衛がものすごく取りにくく
なるのです!

相手後衛、というか誰でもそうですが、ショットのコースは相手の
ラケット面の向きや、腕の振り方などを見て判断します。
シャトルはラケットで打ったようにしか飛んでいきませんので。

ところが、このワイパーショットというのは、文字通り、車の
ワイパーのように、右利きのフォアなら右から左に撫ぜるように
して打つので、ラケットの面・向きが分りにくいのです。

本来、このワイパーショットは、ネットすれすれの球を、ネット
タッチしないようにしてプッシュする時の技術ですが、これを
普通のサーブレシーブ時に使うことで、相手の返球はかなり甘く
なることが期待できます。

横に撫ぜるように打つショットですので、球自体のスピードは
それほど速くはならないのですが、何と言っても、打つ時の面・
ラケットの向きが分らないというのが大きいのです!

ワイパーショットでプッシュするには、高い位置で打たなければ
なりませんが、サーブレシーブのバリエーションとして、時折
使ってみると、その絶大な効果に嬉しくなりますよ!?

次回の練習で試してみて下さい。


***************************


今日、何の気なしに、東京都バドミントン協会のHPを見てみたら
早くも今年の全日本シニアのサイトが開設されていました。
動きが早いですね!

http://www.ac.auone-net.jp/~bad-info/

ただ、まだ情報量としては少ないですが、開催都市および会場が
掲載されており、その中に、昔よく練習した多摩市体育館や
地元稲城市体育館があり、懐かしさがこみ上げてきました。
多摩市体育館のファイト(館内のレストラン)って、まだあるの
かなぁ・・・?

ですので、今年のシニアは、間違いなく稲城の実家泊まりだなと
思っていたのですが、残念ながら、今年は僕は全日本シニアに
出場できなくなってしまいました・・・

前にちょっと書いた通り、姪が全日本シニア開催日に結婚式を
挙げることになったからです。
しかも、ハワイで! ワォ!

ということで、皆さんが1点を争って、目の色変えてシャトルを
必死に追いかけている時に、僕は南国のリゾートで眩しい太陽に
肌を焦がしながら、のんびりゆったり笑顔でカクテルなぞすすって
いることでしょう!

全日本シニアには7年前からずっと出場し続けてきて、これからも
動けなくなるまでずっと出続けるつもりでしたが、他ならぬ姪の
最高の幸せな瞬間を同じ場所で一緒に味わえるのですから、今年は
喜んで不参加とさせて頂きます。
姪には幸せになってほしいものです。


明日は、ジュニアの試合、加古川オープンに帯同してきます。
昨年は、体調良くない状況での帯同で、現地で座り込んでいたり
しましたが、岩城杏奈ちゃんの優勝と三浦志保ちゃんの3位入賞で
体調悪いまま、帰りの車で祝杯をあげたことが、ついこないだの
ようです。

明日は僕が運転ですので帰りも飲めませんが、参加するメンバーは
練習で培った実力を出し切って、観客に感動を与えるような熱戦を
して上位進出して、帰宅してからギン飲みで祝杯できることを
期待しております!

それでは今から、明日の祝杯の練習と参ります!?

ではまた!
posted by まさやん at 20:23| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさやん様
今日、大輔と練習参加した庄栄クラブの練習で試してみました。サーブレシーブをセンターにワイパーショットで打つ!
すごく上手くいきました。レシーブプッシュのバリエーションが増えました。ありがとうございます!

バドミントンを愛する我々にとって意に介さない報道が毎日続きますが、バドミントンの裾野はどんどん広がってます。高槻のジュニアチームもどんどんメンバーが増えてきました。ふんどし締め直して頑張っていきます。
まさやんさんも色んな所で広がった裾野を引き上げてもらい、日本のバドミントンがレベルアップ出来るように引き続きよろしくお願いいたします!
Posted by むらやん at 2016年04月13日 23:51
むらやんさん、いつもながら嬉しいコメントありがとうございました!

サーブレシーブのワイパーショットは、ショット自体の速さが無くても、打つ面が分からないので、結構レシーブしにくいんです。
バリエーションのひとつとして、ぜひ多用してみてほしいと思います。

むらやんさんのチームも、また新メンバーが加入してくるのですね!
ジュニアの指導は、気力と体力が必要ですが、エネルギーに溢れるむらやんさんなら、今まで通り、良い指導をされて良い選手育成ができると思います。
また、機会を作って、高槻チームにもお邪魔できればと思います。(って、前も言いましたが・・・)

例の事件は、もちろん不本意ですが、逆に言うと、それだけバドミントンの認知度が上がってきたからだとも思います。
バドを楽しむ全国の皆さんにレベルアップしてもらうことこそが、僕のライフワークですので、引き続きコーチ業に専念して、明るく楽しく前向きにやっていくのみです。

同じ指導者として、支え合い助け合いながら、むらやんさんと共に頑張っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

で、早く一回飲みましょう!(^^)

ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by まさやん at 2016年04月17日 18:35
こんにちは。
あっという間に4月もあと1週間。
こちらはようやく雪も解け、春が来ました(笑)
長男のトワキは、地元の高校へ進学し、さっそくバドミントン漬けの毎日。夜は僕の小学生バドのお手伝いをしてくれています。
部活の方は、残念ながら今年度の新入部員はゼロとなってしまい、6名で頑張っていくことになりました。ただ、今教えている小学生が翌年はけっこうはいってくれるんじゃないかな、と思っています。
今年度もご指導よろしくお願いします。
Posted by なりなり at 2016年04月24日 07:11
なりなりさん、コメントありがとうございました!

そちらはさすがにまだまだ寒いのですね。
大阪は、昨日などは早くも夏日でしたよ!

トワキくんももう高校生ですか。早いですね。
高校でもバドミントン続けてくれて、僕も嬉しいです。
ただ、中学校の新入部員ゼロは無念ですが・・・
新2年生も、やっと後輩ができる!と思っていたところ、もう一年下級生生活が続いて、さぞ残念がっていることでしょう。

しかし、地元小学生の、新入部員予備軍がたくさんおられるようですので、来年以降は安泰ですね!
トワキくんのように、僕も早くそちらに伺って、ご指導のお手伝いをしたいと思っていますが、何とか年内には、という気持ちはあります。

お伺いすること自体は決めておりますので、またその方向に向かって行動するのみですね。
なりなりさんとの初対面も、今からものすご〜く楽しみです。
もちろん奥さんとトワキくんとの再会も、です。

大阪から引き続きバックアップしていきますので、何かありましたらいつでもメール下さいね。

こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
ありがとうございました!
Posted by まさやん at 2016年04月26日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436047432

この記事へのトラックバック