2014年12月08日

嗚呼、無念のミスジャッジ・・・

本日は、全日本総合の決勝戦がTVで放映されていました。

いずれの試合も、手に汗握る熱戦でしたが、どうにもやるせない
思いが残ったのは、男子シングルス決勝戦での、ミスジャッジ
でした。

佐々木選手がラウンド奥からクロスに打ったスマッシュは、僅か
にサイドラインを割りましたが、それがイン。
これには、佐々木選手も苦笑いを浮かべていました。
そのくらい、はっきりアウトと分る球でした。

そして次は、桃田選手が同じようなショットで、明らかにアウトの
球をインの判定。
ライン上のギリギリのショットなら、ミスジャッジの可能性も
高まりますが、上記二つのショットは、あまりにも明らかな
ミスジャッジでした。

極めつけは、マッチポイントでの、桃田選手のネット前への球を
サイドアウトの判定。
この球に関しては、ラインに乗ったように見えましたし、上記
二つの球のように明らかなアウトにも思えませんでしたが
その球を打ち、その球を一番近くで見ていた桃田選手本人が

「入ってんじゃん!」

と大きな声で二回繰り返していたことから、インだった可能性が
高いと思われます。

重要なことは、そこでのポイントは20-19だったということです。
つまり、その球がインであれば、20オールとなり、勝負の行方は
まだまだ分らなかったからです。
しかしそれがアウトの判定となれば、即、桃田選手の敗退が確定
してしまうのです。
他でもない、全日本総合の決勝で、です!

採点競技と違い、バドミントンはインかアウト、完全にデジタル
の世界です。(1か0か)
そして、全日本総合と言えば、国内最高峰の試合で、出場する
選手も、人生を賭けてこの試合に挑んできているのです。
それをまた、なぜあのようなミスジャッジを看過するような
仕組みにしているのでしょうか。

全日本総合ほどの試合であれば、少なくともチャレンジ制度を
設けるべきだと思います。

いや、前述のように、インかアウトかは完全にデジタルの世界
ですので、ジャッジは人間がしたとしても、疑わしき微妙な判定
に関しては、スロー映像でしっかり確認すべきではないですか!

以前、全英の男子シングルス決勝のマッチポイントで、明らかな
アウトをインと判定されて田児選手が準優勝となった(優勝はリー
チョンウェイ)ことがありました。
あれは、スロー映像で再確認したら、ものすご〜くアウトでした。
そのことを思い出しました。

線審の資質がどうとか言う問題ではありません。
アウトはアウトだし、インはインです。
それは、絶対確実に正確に判断してもらわないことには、見ている
方だって、悶々としてしまいますよ。
人間は必ずミスするので、曖昧ならそこは映像に頼るべきです。

って、誰にぶつけたら良いのか分らずに吠えてしまっていますが
ミスジャッジの問題は、待ったなしで根絶させるべきです。

久々の投稿の割には、怒りの記事だけでスミマセンでした。

日本バドミントン協会に言おうかな・・・
posted by まさやん at 00:30| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!通りがかりの30歳バド馬鹿です。

非常に同感です・・・ありゃ酷いミスジャッジです。あれなら、主審が判断できるくらいアウトだと感じましたねー。主審が覆しても良かったでしょー(*´-`)

ただ、両選手ともに過剰に抗議しない潔さは、日本選手らしいと感じました。まぁ内心は煮えくり返ってると思いますが(笑)

失礼しましたー(ФωФ)
Posted by ぐりこ at 2014年12月08日 15:09
僕はその試合を見てないので何とも言えませんが、人間はミスをするので、基本的にはジャッジには抗議しない事を前提にしつつも、やはり重要なポイントではテニスのようにチャレンジして、ビデオ判定できるシステムにするべきだと僕も思います。

テレビ放送のため、試合時間を短くしたいという考えからのルール改正も検討されている様子ですが、最も大切なのはプレイする選手が納得できるルールなのではないでしょうか。
Posted by とも at 2014年12月09日 10:20
こんにちは!まさやん…
ブログに試合の判定のことを書くなんてよっぽど酷かったんですね。
そうですか、全日本総合の男子シングルス決勝戦でそのようなことが
あったのですね。私は前日の準決勝はテレビで見れたのですが決勝戦
当日はバドミントンの試合に出ておりましたので、生放送見れません
でした。
過去でも、まさやんの言う、全英選手権のリーチョンウェイ対田児の
決勝戦のミスジャッジは最悪でしたね。こんなことが現実にあるのか
というぐらい酷い判定でした。
大阪弁なら「どこに目ぇつけとるんじゃ」っていうぐらいなっ!
すみません、大阪のイメージ悪くして……。
私も審判員として携わることが多々あるのですが、ミスジャッジは
人間が判定する以上、避けては通れないとは思っています。
だからチャレンジシステムやビデオ判定は良いと思っています。
ただプレイヤーが1点をとる為、勝つ為に練習するように、審判員
も1球を判定する為の練習が同じく必要だと思っています。
それは任務の多い主審だけでなく、ラインだけを判定する線審にも
必要だと考えています。
激しくスピーディに動き回る選手の放つシャトルを判定するには
見方の練習はもちろん空気感や試合の流れを感じる感性、場合に
よっては選手の性格なども感じれるものがあったほうが良いと思います。
何をこ難しいことを言ってるんだと思う方もいらっしゃるでしょが、アウトかインだけ判定しようと、シャトルやラインを凝視することがミスジャッジを生むと思うのです。人間はそれほど長い時間、集中しておくことは出来ません。まして緊張する雰囲気の中では尚更です。
加えて審判員同志はもちろん、選手との間に信頼関係も築かなければなりません。ギスギスしたお互いを疑うような関係で良い判定はありえません。例えば主審がオーバーコールするのも線審自体を否定しているわけでなく、人間なら誰でも起こりえるひとつのミスをお互いに協力してフォローしましょうという意味だと私は思っています。
あと最大に思うのは誤りを認める勇気です。自分が審判員だ、絶対だ、間違いはないと自信を持ちすぎるのは良くないと感じます。
昔「俺がルールブックだっ」と格好良く言った野球のアンパイヤが
いましたが……。
自信を持ってとか威厳を持っての意味と自分は絶対だ、というのとは全く違います。誰のために何のために判定しているのか、それは選手はもちろんのことベンチのチームメイトや観客まで含めてです。それほど審判員は選手以上に課せられた責任は大きく求められるものも多いと思っています。
一度出した判定は覆さないようにとか、迷わないようにとか、自信をもってとかの意味を取り違えると大きな間違いに繋がります。
選手は必死なのです。だからそれを判定する審判員も必死にならなければ、うまくいくはずがないというのが、審判員をやってきた私の感想です。
でも佐々木選手も桃田選手も暴言を吐く事も無く、静かに受け入れていたんですよね。
本当に、審判員も頑張らないといけませんね。彼らのような選手の為に……。
同じ日の別のスポーツの全日本大会の決勝では、判定に不服だった選手が銀メダルを会場のゴミ箱に捨てたそうです。
観客の見ている前で……。

かなり長くなってしまいました。自身が試合に出ているので、たくさんの審判員の方と出会いましたが、「おいおい」という方もおれば「本当にありがとうございました」と感じる方もおられます。特に線審に「おいおい」が多いようです。きっと誰でも簡単にラインだけ見りゃいいからって、本人もまわりも思っているからではないでしょうか。
私自身も審判員の時はいろいろと気をつけようと思っていますし、最近は選手としてコートに入る時には、こちらから信頼関係を築こう?!と努力しています。(笑)

追伸:あまちゃんよこてさん 私のコメントに乗っかっていただいてありがとうございます。シニアチャンピオンに近い性格と言われますと光栄です。(笑)。まさやんが来年の全日本シニアで紹介すると言ってましたが、それをスムーズにするには、まさやんとあまちゃんよこてさんの居る最終日メインアリーナに行かなければならないので、必死で練習して最終日に残れるよう頑張ります。
まさやん、コメント欄でやりとりしてすみません m(_ _)m



Posted by レフティ at 2014年12月09日 16:32
ぐりこさん、通りがかって頂いて、またコメント残して頂いてありがとうございました!

あれは本っ(←強調の「っ」です)当に酷かったですね。
僕も同感で、主審も線審任せではなく、自分でもラインを見ていたならば、あれは躊躇なくオーバーコールしてしかるべきアウトだと思いますね。

この怒り(にまで来ています)に同感頂いて、胸のすく思いです。
ありがとうございました。


ともさんも、いつもコメントありがとうございます。
ともさんがあの試合をご覧になっていたら、きっとご理解頂けるはずです。
僕ほど怒るかどうかは分かりませんが・・・

選手は、勝つために、頑張って厳しい練習に明け暮れています。
桃田選手の最後のオンライン(のように見えた)ショットも、しっかり足を出して、ラケットを上から出してタメを効かせてフェイントも効かせていたので、佐々木選手も、体重が後ろに流れており、ノータッチか、取れてもかなり体勢が崩れるくらい、良いショットだったと思います。

「入ってんじゃん!」と連呼したくらい、桃田選手がインを確信しているショットなら、しかもその一本で試合が決まってしまうかもしれない超重要なショットなら、スロービデオで再確認してあげるべきではないかと思います。

審判がミスするのは、それは仕方ありません。
何もミスしようとしてしているのではないし、人間なのでミスはつきものだからです。

ただ、インはインだし、アウトはアウトです。
そこは疑わしければ、映像で両選手・主審が再確認できれば、後に悶々としたしこりも残らずすっきりハッキリするでしょう。

また、ビデオを導入することで、線審の資質向上にも寄与するはずです。

それもこれも、全ては選手のためです。
ルールに従ってプレーしているのですから、ラインの外側に落ちたらアウト、内側に落ちたらイン、というルールもきっちり守ってあげたいだけです。


そしてそして、レフティさんことK本さん。
心のこもった長文コメントありがとうございました!

レフティさんも僕も、現役のシニア選手ですので、プレーヤーと審判と両方の立場を理解できますね。

自分自身が、大きな大会の競り合った大事な場面で、ミスジャッジをされたら、心穏やかでは居られない(事実誤認ですから当然です)ので、比較にならないくらい大きな舞台で敗れた桃田選手の心中はいかばかりなものでしょうか・・・

試合内容自体は佐々木選手が押していたとは思いますが、試合の流れはあの一本で変わっていたかもしれませんからね。

ですので、僕自身も線審をする時には、ものすごく真剣にやっています。
主審のコールを間違えることはたまにありますが(^^;線審でのミスジャッジは、多分皆無だと自負します。(ってミスは自分には分からないのでしょうが・・・)

真剣にジャッジしていたとしても、例えばネット前からカウンター気味に決まったライン際に落ちる強烈なプッシュなどは、非常にジャッジは難しく、本当に微妙なところの判断は人間の目では限界があると思います。

だからこそのスロービデオでの再確認なのです。

僕がこのブログでゴチャゴチャ言っていても、あまり建設的ではありませんので、知人のバドミントン協会の方に、同じ内容を伝えておきました。

僕の気持ちは大いにご理解頂けたそうで、機会があれば協会関係者に必ず話して頂けるとのことでした!

ですので、来年の全日本総合でスロー映像で再確認する制度が新設されたら、それはまさやんの功績かも!?

それはともかく、もしそうなれば、先日のような後味の悪いことは、きっと再発しないと思いますね!


僕もそういうからには、自分が主審や線審をする時には、引き続き正確なジャッジを心がけます。

あまちゃんよこてさんの紹介は、僕が最終日にメイン会場に居られない可能性も高いので(^^;50歳と45歳が同じ会場であることを望みます・・・
勝ち残っていなくても、きっと会場には残っていると思いますが。

ますますバドの輪が広がりますね!
そのメンバーで飲みたいものです。

いつもありがとうございます。
これからも共にバド頑張っていきましょう!

ではまた!
Posted by まさやん at 2014年12月11日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック