2012年10月08日

ピンサーを使おう

先週日曜に引き続き、10/6土曜日もバド漬けの一日でした。

畑下から誘われていたのですが、レディースの強豪「門真クラブ」
さんに、一度お邪魔しましょうとのことで、土曜日午後から
遠路はるばる!?バス、電車、徒歩20分(^^;を要して、練習
場所である門真市民プラザに行ってきたのでした。
ここ高槻市大和から門真市民プラザまでの移動時間は、途中昼食
の時間を含めても、2時間半掛かりました・・・
車で行けばそこまで掛かりませんが、移動が車でない理由は
ご想像の通りです!?

門真クラブには、元実業団選手の林さん(元サントリー。旧姓谷
さん)や成平さん(元三洋電機。旧姓今村さん))がおられて
その実力の高さは折り紙つきです。
おそらく全国でもトップクラスのレベルでしょう。
(折り紙で思い出しましたが、こないだふと折り紙で鶴を折ろうと
してみて、最初折り方が思い出せなくてヤバいと思いました!?)

我々男性が対戦しても、ほぼ普通の勝負になってしまうほど
彼女たちの実力は高く、レシーブは堅いし、打つコースは効くし
スマッシュは速いし、タッチも速い、で、十二分に楽しめる練習
となりました。

面白かったのは成平さんで、とても可愛らしい顔をしているの
ですが、ショットを決められると「ムカツク〜!」とその都度
とても悔しがるのです(^^)
でも、それも笑顔で楽しそうに悔しがっているので、僕の目には

「愛嬌のある負けず嫌い」

という風に映りました。
畑下のいかがわしい!?前衛でのフェイント(相手をあざ笑うか
のように、相手前衛の頭をふんわり抜いて、相手ハーフに落とす)
が面白いように決まる度、成平さんは

「ムカツク〜」

と笑っていました。相当バド好きなんだなぁと感心して見てました

4時間!もの楽しい練習が終わり、また徒歩で古川橋まで歩いて
京阪で萱島に移動して、そこからまた徒歩で寝屋川市民体育館へ
移動するのは、しんどいの一言でした・・・
しかしこれも全ては飲み会のためでした。

体育館に着くなり、見市と半面シングルスをやり、全面シングルス
も3ゲームやり、その後さらにダブルスも4ゲームやって、僕の体は
全身乳酸まみれの筋肉痛になりました。

20時頃、約束通りに畑下夫婦が体育館にチャリで30分!かけて
来てくれて、そこで練習を終えて、疲れた体に鞭打って、そこから
さらに徒歩15分かけて、もつ鍋屋さん、いや今ではもつ鍋だけに
とどまらず、九州料理とその幅を拡げた「寅吉」さんに移動した
のでありました。

メンバーは、畑下夫婦、見市武史ィ、そして僕の4人でした。
当然見市昌弘も誘っていましたが、翌週土曜日が合宿、そして
さらに翌週がマスターズ(高知)と、二週連続して泊まりという
ことで、非常に参加したいのはやまやまだが、生まれてまだ4ヶ月
の育児の関係上、断念せざるを得なかったのでした。

その日だけで1時間以上歩き続けた疲れた足を引きずりながらも
ようやく寅吉さんにたどり着いて、やった!これでようやく
ビールにありつける!と漲る気力で勢いよく寅吉さんのドアを
開けてみたら、そこにはサングラスを掛けた不審な人物が・・・

よく見ると、見た事のある赤いジャージ姿のグラサン野郎が
美味しそうにビール片手に、不敵な笑みを浮かべていたのでした。
そう、見市昌弘でした!!!

彼は、当初この飲み会には参加できないと言っていたのですが
やはり魅力的なメンバーでどうしても参加したかったのでしょう。
奥さんに3回頼み込んで、条件付きで参加を勝ち取った!?との
ことでした。

居ないはずの彼が、僕らに内緒で先回りして飲んでいたその姿には
全員大爆笑でした(^^)

そしてそこからは当然の爆飲み。空腹かつ疲労困憊だったことも
あり、僕は最終的には意識朦朧のヘナチョコと化してしまって
酔っぱらって、見市の前の箸置きを料理と勘違いしてしまって
それを一生懸命お箸でつまもうとして、ハッとして我に帰ったと
いう驚愕の失態も炸裂させていたことを、恥ずかしながらここに
報告させて頂きます(^^;

畑下夫婦は、寅吉さんは初めてでしたが、僕の予想通り、寅吉
さんのもつ鍋の味には、いたく感激して

「これヤバいくらい美味いっす!ホンマに美味しい」

と夫婦揃って感動しながら食べていました。
その時の様子です。
DSCN3461.JPG
このことは、寅吉マスターさんのブログにも早速書いてもらって
おりましたので、そちらもまた見てみて下さい。(右下のリンク)

そのブログの記事の下の方に書いてありますが、寅吉さんで扱って
いる「nano ball(ナノボール)」という、有田焼の陶器の球は
水を美味しくする作用があり、僕も入手して家で水道水を浸して
いますが、明らかに水の味が美味しく変化するのです!

3個入りで1,050円です。市販の浄水ボトルなどに比べたら、破格の
安値だと思います。市販の浄水ボトルは、交換カートリッジが
異常に高額(3,000円くらいする)ですので。

またこのnano ballは、寅吉マスターの奥さんの熱弁によると
効果は「半永久的」だとのことで、それについては突っ込み好きな
僕としては

「半永久的に効果が続くのかは、半永久的に時間を掛けて確認した
わけじゃないから、それについてはちょっとどうかなぁ」

と疑問が湧いてくるのですが、例えそれが5年間だったとしても
十分安くて優れた浄水グッズと言えるのは間違いないですね。

nano ball。寅吉さんで売っていますので、寝屋川近辺の方は
一度購入して、ペットボトルに水道水を入れて試してみて下さい。
水道水がとっても美味しい水に変身しますよ!

寅吉さんでの飲み会を解散し、武史ィとタクシィ(似てる)で
見市家実家に移動し(移動中は至近距離ながら当然の爆睡)寝ずに
待っていてくれたお母さんとしばしの会話をビール飲みながら
楽しみました。会話の内容は完全に忘却していますが・・・

先にお風呂を頂いて「すぐに出ますから」と言いながら、お風呂で
さらに爆睡してしまって、目が覚めてしばらく状況が把握できず
とかやっていたので、30分は浴槽に浸かっていたと思われます。

その後本格的に爆睡し、翌朝、美味しい朝食までごちそうになって
から、武史ィに車で高槻まで送ってもらって、楽し過ぎるイベント
が幕を閉じたのでした。

畑下どの、奥さん、色々とお世話になりました。ありがとう!
また一緒にバドして飲んで、楽しく笑いましょう。
そして見市兄弟どの、いつもながらありがとさんでした。
おやっさんとお母さんにも、またよろしくお伝え下さい。


ではバドの話。

<ピンサーを使おう>

ピンサーと言うのが正式名称かどうかは知らないのですが、他の
表現ではペンサーとも聞いたことがあります。どちらが多数派
なのでしょうね。

つまりは

「ダブルスで使うインチキくさく、低い軌道で突然速く打つロング
サービス」

のことです。
これは皆さんも、試合で使ってくる選手と対戦したことはあると
思います。

ダブルスのでのロングサービスは、相手の頭を抜いて、ダブルス
サービスラインまで配球して、相手に奥から打たせるということと
それを打つことで、ショートサービスへの突っ込みを抑制すると
いう二つの効果があります。

特に、後ろへの動きが鈍い人、あるいはショートサービスを予測
して、前を張って(予想して)ショートサービスラインぎりぎりに
立っている人などに対しては、ある程度の割合でロングサービスを
駆使して相手の出鼻をくじく必要があります。

ピンサー(ここではとりあえずピンサーに統一します!?)の
場合、シャトルの軌道は低く、相手ラケットの届く範囲内を球が
通過していきます。
なので、普通はその高さは相手が動かずに取れるので、ズバリ
カウンターを食ってしまうこともあります。

しかしピンサーは、何と言っても突然速く低い弾道で打ち出される
サービスなので、その球が速ければ、相手は反応できずにシャトル
を通過させてしまう、ということになるのです。

実はこのピンサー、僕は結構得意にしており、練習試合でたまに
使うと、劇的にノータッチエースを取れるケースが多いです。

ただ、速く低く打つので、奥にアウトにしてしまったり、また
途中で相手にカットされて、手痛いカウンターを食らってしまう
ことも皆無ではありませんが、そのリスクを差し引いても、次の
メリットがあると思います。

1)ショートサービスに対して、相手が突っ込みにくくなる。
  相手がショートサービスラインぎりぎりに前で構えて、しかも
  ラケットを大きく上に構えて、突く気満々の攻撃的姿勢で
  サーブレシーブを構えられていたら、プレッシャーがかかって
  なかなか落ち着いてショートサービスは打ちにくくなるもの
  です。
  それでも、相手の体勢にかかわらず、落ち着いて自信を持って
  堂々とショートサービスが打てればそれがベストですが、
  どうしても相手の状況は目に入った上でサーブを打たざるを
  得ないので、多少なりとも手先はぶれることになるかと思い
  ます。
  そこを、一発二発、低いピンサーをかましておけば、その
  速いサーブに対しても対応しなければならないという考えが
  生まれるため、相手は、変わらず前に立ちはだかっていたと
  しても、意識の少しは後ろに割かざるを得なくなるのです。
  それが、コンマ何秒かの前への突っ込み時間の躊躇となり
  ひいては、ショートサービスの安定につながるのだと思うの
  です。
  浮かないショートサービスを打ち続けられることがベストかも
  しれませんが、もしそれができたとしても、定期的にピンサー
  駆使することで、こちらが少しだけ有利になると思うので
  僕は積極的に使うべきだと思います。

2)端的に、それでエースが取れる場合も多い。
  ピンサーは低い軌道なので、途中で相手にカットされてしまう
  と、カウンターとなって、こちらのパートナーも反応できずに
  やられてしまうこともありますが、相手を抜きさえすれば
  もうそこでエースとなる確率はグンと跳ね上がります。
  また、相手が途中で触れたとしても、速く突然来る球なので
  フレームショットになる可能性も少なくなく、チャンス球が
  期待できるという効果もあります。
  そもそもが速くて突然来る球なので、対応しにくいのでは
  ありますが、ポイントとしては、相手の構えているラケット
  ヘッドから、少しずらした軌道にしましょう。
  ラケットヘッドの位置を、上下左右に動かさなければ打てない
  状況であれば、ピンサーが決まる確率も上がりますので。

ピンサーを打つ時の注意点は、打つ時にラケットヘッドを後ろに
引く速さを変えない、ということでしょうか。
予め引いたラケットヘッドを、いきなり押し出すか、ゆっくり
小さく引いたラケットヘッドを、前に押し出す時にいきなり速く
する、というのが良いかと思います。

それを、ラケットを後ろに引く速さに明らかな差があると、その
速さを持ってロングかショートか判断できてしまいますので
そこは十分留意して打たなければなりませんね。
自分の動きで、相手にショットが判断されるような、判断材料と
なりうる特徴的な動きは、極力排除していく必要があります。

ズルいサービス、インチキサービス、と揶揄される可能性もある
このピンサーですが、立派な一つの戦法であり、攻撃手段だと僕は
思います。

ぜひ皆さんもピンサーを駆使して、相手の出足を止めてみて下さい

***************************

僕がトレーニングしているのは、近所の公園です。
大和1丁目から2丁目に上がる長〜い階段があるのですが、その
途中に小さな公園があるのです。
以前は人目を気にしてなわとびしていた僕でしたが、ここの公園は
ほぼ終日人気(ひとけ)がない、孤独なトレーニングには最適な
場所なのです。

先日、トレーニング中に、犬の散歩をしている女性に会いました。
いわく

「この辺ではイノシシが出ますので、気をつけて下さいね」

との冗談のような情報を頂いて、途端に周囲の草むらのざわつき
が、警戒すべき襲撃のサインかと身構えましたが、もしイノシシが
急に現れても、所詮やつらは猪突猛進、将棋で言えば香車、
道交法で言えば一方通行の、単純な動きしかできなかろうと
僕は、イノシシの単純な攻撃からは、機敏な方向転換で問題なく
逃げ切れる!と百獣の王をマジで目指す武井壮(メッチャおもろい
ヤツですね!)並の自信で、その後何事もなかったかのように
ヒュンヒュンなわとびを継続していました。
イノシシくんは、結局現れませんでした。

その4日後、いつものように公園での階段を上っていったら、脇の
草むらで「ガサガサガサッ」とただならぬ音が!

出た〜!イノシシ!しかも数頭!!!
階段の両サイドには金網が有ったので、イノシシくん達との直接の
コンタクトはありませんでしたが、一番手前に来た大きな大人の
イノシシくんと、僕はしっかり目が合ってしまいました(^^;
金網を挟んでは居ましたが、イノシシくんとの距離はわずか1m位
でした。

するとイノシシくんは、興奮するどころか、僕のことを

「なんだコイツ」

とかったるそうな目でチラ見した後、その他の数頭とともに、また
元の草むらの奥まで戻っていったのでした。

イノシシって、山には普通に居るんですね。
でも夜、あんな近くで見てしまうと、さすがにちょっとゾッと
しました。
イノシシを見た場所と、家はそれほど離れていません。
冬にお腹を空かせて、庭に迷い込んできたらどうしよう・・・
対イノシシ戦に向けて、シミュレーションしておくのが良さそう
ですね!?

イノシシが突っ込んできたら、軽やかにサイドステップして
ガラ空きの脇腹目がけて、トウキック一閃!で仕留めるべし。
これは以前、見市が言ったウリ坊攻略法でした(^^)
シミュレーションでは「圧勝」です。
決して実現してほしくない対決ですが・・・

そして緊急速報!
10月8日20時頃、つまり今夜、夜空を見上げて下さい。
「10月りゅう座流星群」が20時頃ピークを迎えるそうです!
多い時には、1時間に5個もの流星が見られるみたいです。
10月りゅう座流星群は、かつてはジャコビニ流星群と言ったそう
です。
これを聞いて「アストロ球団」のジャコビニ流星打法を連想する
のは、僕だけでは無いはずです(^^)

今晩、素敵な天体ショーをお見逃しなく。今晩は雲もなく、北は
北海道から南は九州まで、広い範囲で観測できるそうです。

http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-5197.html

あっ、あと2時間弱だ!トレーニングしながら夜空をチェック
しようっと。

ではまた。
posted by まさやん at 18:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296356145

この記事へのトラックバック