2011年07月03日

ダブルスのレシーブについて

もうすぐアナログ放送が終わって地デジ化されます。
TV局はもうしつこいくらいに「7月24日アナログ放送終了」と
繰り返していますが、巷の方々は果たしてどの程度までTVを
地デジ対応しているかは分かりません。

地方に出張した時のTVで、やはり地デジ化のPRを見ましたが
その説明は

「近所のご高齢の方々に教えてあげてください」

とご老人達を気遣うコメントがあったのは素晴らしいことだと
思いますが、おそらくはその気遣い通りご老人の方々にとっては
「チデジ?出血を伴う痔のことかいな?」程度だと思います。
(さすがにそりゃないか・・・)
しかしおそらくは、7月24日になり突然アナログ放送が停波と
なった日には、デジサポ(地デジのサポートセンター)には
ご老人達からの苦情の電話が殺到することが予想されます。

マサやん家は、TVは当然地デジ化は完了しておりましたが
DVDレコーダーについてはアナログのままでした。

要は・・・買ったんです!ブルーレイディスクレコーダーを!

今までは番組はHD画質で見れても、録画したものはアナログ
画質でしたので、若干の、いや相当な不満がありました。
しかも最近は地デジ化が近い関係か、DVDレコーダーの番組表
が取得できなくなってしまい、不満の度合いが増大していました

そういうこともあり、先週日曜日、地元の家電量販店を3ヶ所
巡り、念願のブルーレイディスクレコーダーを購入したのです。

僕も大阪の人間ですので、家電購入時には限界まで値切って買う
ことに喜びと幸せを感じますので、最初に行った店で買うなどと
いう「愚行」は有りえないのです。

まずは家のすぐ隣の「ジョーシン」に行きました。
そこではお目当ての機種が「限定5台¥69,800」で販売
しておりました。
限定での価格でしたので、それはその金額なんだろうなあと
まずは情報だけインプットして、次は本命と目された「ヤマダ
電機」です。

そこでは何と同じ機種が¥67,500で販売していたのです!
既にそこで¥2,300の利益!?を確認し、少しニンマリした
僕でしたが、それだけで納得するはずもなく、近くに居た店員に

「これは幾らになりますか?まあ値段によっては今日買わんでも
ないけど」

と、得意技の「買う気はないわけではない。しかし是が非でも
欲しいというわけではないから、もし納得いく価格を提示して
もらえれば買うかもしれない」の意思表示をして、真面目そうな
店員さんの返答を待ちました。

しばらくして戻ってきた店員さんは、厳しそうな表情を浮かべ
ながら

「いやあ、これはもう相当現金値引きしているので、ここからの
値引きは厳しいです」

とのコメントでした・・・

1円もあかんのかい!と思いましたが、それならばということで

「じゃあ、何かオマケで付けてくれません?」

と決してタダでは転ばない姿勢を見せましたが、意に反して
真面目そうなその店員は

「いやあ、オマケできるものも今、全然ないんです」

とにべもありません。

普通の人ならそこで「ああ、そこまで言うんならそれが底値なん
だろうなあ」と諦めて購入しているかもしれませんが、僕は違い
ます(^^;
まあ、こちらの思いを全然反映してくれないので少しカチンと
きたこともあるのですが

「じゃあ分かりました」

とヤマダ電機を立ち去ることにしました。
本音を言うと、そこでほんのしょうもないものでもオマケして
くれていたら、そこで購入を決めても良かったのです!
そこのあと一押しが足りなかったヤマダ電機の店員さんを不憫に
思います。

ただ、実際どうしてもその日に買う必要もありませんでしたので
あっさり諦めて、一応ダメもとで帰り道にあるジョーシン(最初
に行った店とは違うジョーシン)に立ち寄ってみました。

するとそこでは、店中のそこらじゅうに

「地デジ祭」

と書いた紙が垂れ下がっていたのです!

これはちょっと期待できるかもと思い、ブルーレイのコーナーに
行ったところ、僕のお目当ての機種が何と¥64,000で
売っているではないですか!最初から比べると¥5,800も
得しています。同じジョーシンでありながら、この価格差は何
なんやとは少し思いました。

色めきたった僕は、近くに居た店員さんに声を掛けましたが
その店員の名札を見たら、実はソニーの方でした(^^;
メーカーの方は何人か売り場に立っておられるのです。

僕らのお目当てはパナソニックでしたので、さすがに少し遠慮
しましたが、ソニーの方は「全然構いませんよ」との軽いノリで
対応してくれました。

しかもその方は元ジョーシンに勤めていたそうで、ジョーシンの
値段の付け方も知っていて、僕が何も言わないのに自主的に
「¥62,000にしますよ」
と積極的に下げた価格を提示してくれたのです!

これには僕も喜んで、購入意欲が相当膨らみました。

さらにそのソニーの方は

「HDMIケーブルはお持ちですか?この機種にはケーブルが付いて
いないのでTVに接続するのに必要なんですよ」

「いや持っていません」と僕が答えると、その売り場のすぐ横に
あったHDMIケーブルのワゴンからケーブルを取り上げて

「これ半額にしますよ」

と、既にセール価格だったHDMIケーブル(¥1,980)を
¥1,000でいいとのことなのです!!!
どんだけサービスがいいのでしょう。

ついでに「もう一本HDMIケーブルが欲しいんですけど」と
おねだりしてみたら、その店員は「あ、いいですよ。何mでも
同じ¥1,000でいいです」と、尋常でないノリの良さを
見せてくれたので、僕は購入を決意した次第です。

かくしてマサやん家は晴れてブルーレイディスクレコーダーの
オーナーになったわけですが、ジョーシンのレジでさらに嬉しい
サプライズがありました。

よく結婚式の引き出物で、カタログから好きなものを選ぶやつが
ありますが、それもおまけとして付けてくれたのです!!!

今回の買い物は非常〜〜に満足しました(^^)v
皆さんも家電を購入する時は、決して一つの店で即断しては
いけませんよ!?

ではバドの話。

<ダブルスのレシーブについて>

これは自分への戒めを込めて書いています。

先般の大阪総合でのビデオを、ミズノの小塚さんが何とデジカメで
録画してくれていたのをDVDに焼いて頂戴しました。
それを見て、僕のレシーブを見ての感想です。

今までに語ってきた通り、ダブルスはラリーのテンポが速いので
レシーブは決して大振りしてはいけない、速い球に対しての
大振りは、ラケットにちゃんと当たる可能性が下がり、ミスが
多くなってしまいます。

と言いながら、実戦の僕は情けないまでに振りが大きかったです
(^^;
振りが大きくても何回かは取れないわけではありません。しかし
安定度低い大振りでは、3〜4回レシーブしている内に浅く
なってしまい最終的には仕留められてしまうのです。

これは速いスマッシュに対して、負けないように!とこちらも
強く打とうという心理が働いているのは間違いありませんが
そもそも速いスマッシュに対して、それを速いスイングで返球
しようして腕全体で大振りして、しっかりインパクトできる
確率が上がるはずがありません

以前、観戦した日本リーグの試合で、みなレシーブの振りは
非常に小さいと書きました。
腕自体の動きはものすご〜く少なかったのです。
イメージとしては、面を合わせて30〜40cmだけ前に押し出す
みたいな感じでした。

たとえその押し出す範囲が狭くとも、しっかり面がフラットに
シャトルに当たり、タイミング良くシャトルに合わせて振ること
ができれば、そもそもスマッシュが速いので強い球が返せますし
何より重要だと思うのはミスが少なくなることだと思います。

自分ができていないことについて語るのもどうか(^^;と
思いますが、ここは反省と自戒を込めてあえて記事にしたいと
思います。

大振りの弊害は、振った後の体勢が次の球に対応できないという
ことにもあります。
これはやはり基礎打ちのプッシュレシーブで練習するのが
よいのでしょうね!

オーバーヘッドストロークでも、ハイバックでもそうですが
腕を大きく振ることよりも、どうすればラケットヘッドスピード
が上がるのかに意識を置かないと、頑張って振っている割には
強いショットが出せない、という悲しい結果になります。
今一度、ショットの速度=ラケットヘッドの速度ということに
留意して、大振りを徐々に撲滅していきましょう! 僕・・・

***************************

皆さんに報告が2つ!

一つは、9月3〜4日に合宿をすることになりました。
題して「公☆同好会合宿 in プラムイン城陽」です。

公☆とはなんじゃそりゃと思われるでしょうが、これは当て字で
「ハムスター」と読みます。
以前所属していたクラブの同志で、合宿を始めたのが発端ですが
そのクラブの名前を冠にしていたらクレームがついたので
それならば主体の名称を変えれば問題なかろう、ということで
当時僕が飼っていた、目の中に入れても耳をかじられても痛く
ない(いや痛かった・・・)ハムスター同好会にしよう、という
ことになったのでした。どうでもいい情報でした。

これはもちろん!?飲み会がメインではありますが、一応バドも
12:00〜17:00(5時間!)やって、結構練習としては
キツい内容を実施します。

その後、お酒をしこたま大量に購入して、3〜4時までも楽しい
楽しい飲み会が続くのです。

そこでのキーワードは「ギター&トランプ」

僕が一心不乱に奏でるギターに合わせて、皆が一体となって
大合唱して、締めは全員で輪になって肩を組んでの「乾杯」熱唱
その後、七並べ、大貧民、とどめはジョーカーめくり(百人一首
の坊主めくりのようなもの)にて、罰ゲームを楽しみながら
全員がベロンベロンになり、学生時代のノリに戻れるという
楽しみ過ぎる一大イベントなのです!

今のところの参加予定者は

見市、真野くん、小助川(予定)、石井先輩(from長野!)そして
僕となっております。

体育館は3面あり、宿泊の部屋も6〜7人の部屋を2部屋押えて
ありますので、この記事をご覧になった僕の関係者!?の方々は
奮って「公☆同好会合宿」にご参加下さい。
参加ご希望の方は、このブログにコメント頂くか、あるいは僕に
直接メールにてご連絡願います。
ここだけの話、めっちゃ楽しいよ〜〜〜〜(^^)
ギターを練習しとかないとなあ・・・

もう一つは、日本スポーツマスターズ参加の報告です。
日本スポーツマスターズとは、日本体育協会が主催する、全国の
シニア競技志向者で争われる団体戦です。

http://www.japan-sports.or.jp/masters/about.html

日本体育協会によると、以下の通り明確に位置づけが分類されて
おります。

*国体 → ジュニア含む国内アスリート
*日本スポーツマスターズ → 競技志向者
*スポレク祭 → 日常的ゲーム志向者。健康・体力作り志向者

このマスターズは、47都道府県から40歳、45歳、50歳の
ダブルス優勝者3ペアによってチームが構成されます。
つまり、各都道府県の各年代総合チャンピオンしか出場できない
のです!

僕は、その同じ日程に例年楽しみにしている高校のOBOG合宿が
ありましたし、またパートナーの見市も仕事だからまあ無理
だろうと思っていたので、当初は参加しないつもりでした。

しかし、見市に念のため打診したところ、仕事は何とかなりそう
だということと、思いのほか、この試合を「面白そうだ」と
前向きな興味を示したのです。

僕も日本体育協会のHPを読んで、読めば読むほど、この大会に
参加できること自体が非常に栄誉あることなのだなと思い直し
始めました。

大阪総合ダブルスは、今年こそ何とか優勝できましたが、来年も
また優勝できる保証などどこにもありません。
怪我してるかもしれないし、死んでるかもしれない!?

せっかくの栄誉ある「大阪代表」の看板を自ら放棄することは
バドメインプレーヤーとしては、選んではいけない選択肢だと
思い始めてきたのでした。

ということで、全国スポーツマスターズ2011石川大会に参加を
決意しました!
大阪代表として、頑張って実力を出し切って、上位進出を狙い
たいと思います。
皆さん、応援よろしくお願いしますm(_ _)m

さあ、石川県で何食べよ!?いや、何飲もう(^^)

ではまた。
posted by まさやん at 15:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 石川県の谷野です。急な転勤で皆様にしっかりご挨拶できずに申し訳ありませんでした。金沢勤務になり1ヶ月で4kgも太ってしまいました。やっぱりごはんがうまいです!

 マスターズ石川大会に出場されるとブログ見ました。実は谷野は大会の運営係で3日間の主審を任されております。会場でお会いできることを楽しみにしております。

 会場になる美川総合スポーツセンタの周りはお店が少なく、コンビニも歩いて10分ぐらいかかります。お困り事がありましたら何なりと言ってください。ガットが切れた場合でも谷野家で機械張りできます!

 
Posted by 谷野 啓吾 at 2011年08月08日 11:02
谷野さん、温かいコメントありがとうございますm(__)m
地元石川が、やはり性に合っているんでしょうね♪
しかし4kgはヤバいと思いますけど(^_^;)

マスターズでは確実に再会できますね!嬉しいし楽しみです。
都合が合えば、M市と共にぜひ軽く一杯やりましょう。
その場合のお店選定をよろしくお願いいたしますm(__)m
ではまたその時に。
Posted by マサやん at 2011年08月08日 18:02
これからもよろしくです
Posted by 辰巳ばど at 2013年04月20日 19:11
辰巳バドさん、こちらこそこれからもよろしくお願い致します。
ところで、どちらの辰巳さんなのでしょうか・・・
Posted by まさやん at 2013年04月24日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック