2010年11月08日

スマッシュを速くする方法

昨日は定例の練習でした。
既報の通り、ミズノの堀田が、バドの上手い外人さんを連れてきて
くれるということで、一体どんな人が来るのだろうと楽しみに
していました。

若干遅れてフロアに入ると、堀田と外人さんが既に基礎打ちを
していました。
見ると・・・で、デカい!
僕より4〜5cmは高い感じで、しかも体もがっちりゴツくて
サウスポーで、一見してバド上級者であることはすぐに分かり
ました。

名前はTony Stevens。
イギリス人で、何と僕と同い年。10月生まれだということで
盛んに僕のことを「5ヶ月若い」としょうもないコメントを
述べていました。
ちなみにこのトニーさん。日本語、一切話せません。
話せないどころか、全然話そうという気すらなさそうで、しかも
実にベラベラよくしゃべる人でした。

日本には今年来たばかりで、Irish Pubつまり飲み屋さんの
マーケティングマネジャーをされているそうです。

僕は明るく挨拶し、早速ダブルスをしようということになり
ました。

トニー・堀田vs僕・谷野さんで対戦しました。
その身長から物凄い威圧感なのかなあと思っていましたが
ダブルスにおいては、ショートサーブのレシーブも少し後ろ目に
構えており、強いながらそれほどの恐怖感は感じませんでした。
試合は1−2で負けましたが、最後の最後まで競り合ったいい
勝負でした。

せっかくのチャンスなので、僕はトニーにシングルス挑戦を
しました。
外人と、しかも僕より大きい人と対戦できるというのは、あまり
ありませんので。

対戦してみて、シングルスは、非常に彼のデカさを実感させ
られる結果になりました。
どこに打っても、問題なく取られるのです。
いつもはちょっと効いているはずの僕のショットが、何事も
なかったように奥まで弾き返されるし、それだけではなく逆に
押される感じとなるので、必然的にラリーが続き、僕の体力は
序盤で一気に吸い取られてしまい、息が上がって全然動けなく
なってしまいました。

デカいのに、スイングは手先でコンパクトに打つので、ショット
も分かりづらく、一発目のフォア奥へのクリヤーで何本も何本も
簡単に崩されてしまいました。
トニーはさぞかし楽だったに違いありません。

結局、1ゲーム目は13−21くらいで落として、一応2ゲーム
もやりましたが、既にヘロヘロでした。
その割には2ゲーム目の点数は19−21でしたが、16−20
位からのトニーのミスだったので、実質は完敗でした。

試合後のトニーのコメントで、僕はダブルの衝撃を受けました。
彼は何と、今年バドをするのは3回目とのことだったのです!

いくら本場イギリスの、体のデカい上級者だったとしても、今年
3回しかやっていない人のプレーとはとても思えませんでした。
しかし、完全に参りましたm(_ _)m

その後、堀田と谷野さんの因縁対決です。

というのは、3年前の全日本シニア30歳シングルスで、この二人
は対戦していたのです。
その時は2−0で堀田が勝利しましたが、堀田曰く

「デュースでギリギリ勝ちましたが、実力は全くの互角だったと
記憶しています」

とのことでした。

僕はこの対戦を見たかったのですが、ちょうどその時にH田さん
にダブルスを誘われて、残念ながら観戦できませんでしたが
観戦していた見市によると、堀田が2−0で勝ったが、2ゲーム目
は21−19だったとのこと。
以前と同じような展開だったのでした。
見市曰く
「堀田の方がスマッシュを決めきれるパワーがある」(だったか)
ということで、谷野さんは残念ながら返り討ちに遭う形になって
しまったのでした(^^;

その後谷野さんをそそのかして、トニーへ挑戦してもらいました
しかしトニーの実力はさすがで、谷野さんを13点くらいで退けて
おりました。

さらにその後堀田が対戦しましたが、さすがは堀田、トニーを
イワしたそうです!(これまた見ていない)
聞くと、一番最初に対戦した時は負けたが、その後は負けて
いないらしいです。
と言っても、トニーが今年バド3回目ならば、堀田の2勝1敗
ということですかね。

僕は堀田vsトニー戦の際、やはり堀田が連れてきてくれたミズノの
小塚さんに「シングルスお願いします」と挑まれて、僕は既に
体力は終わっていたのですが「お願いします」と受けて、奥の
コートで1ゲームだけ対戦しました。

序盤こそ僕がリードしましたが、途中で完全(ホント完全)に
体力が終わり、息は続かず足は棒立ち、打たれた球を高いクリヤ
で返すだけのほぼ廃人状態となり、簡単に逆転されて、ああ
これは負けるな、と思いながら、まあしゃあないなと考えて
いました。

17−20くらいだったでしょうか。しかしその時点で勝ちを
焦ったのか、小塚さんは凡ミスを繰り返しました。
何か知らないけど追いついてしまったのです。
追いつきはしましたが、僕の体力の終わり具合には何ら改善は
なかったので、その時点でも勝利への意欲は微々たるものでした

しかし、相変わらず凡ミスを繰り返す小塚さんが決めきれず
25−23くらいで逆転勝ちしてしまいました。
K塚さんは悔しがっていましたが、僕は嬉しい悔しいより
あまりの自分の情け無い凡プレーぶりに、小塚さんに申し訳ない
気持ちで一杯で、開口一番

「ヘロヘロのプレーですみませんでした」

とお詫びしました・・・小塚さん、本当にすみませんでした。
3ゲームマッチならば、100%負けでした。
小塚さん、これに懲りずにまた今度、元気な時に対戦をお願い
します。

ということで、非常に疲れた僕は、晩ご飯もあまり食べられない
くらいに疲労困憊して、ビールすらも飲めないくらいでした。
しかし、おかげで非常に深い眠りにつけたので、朝は久しぶりに
頭がスッキリ爽快な目覚めでありました!

ということで、シニア前に実に貴重な体験ができてよかったと
思います。堀田、ありがとう!また是非来てください。
そして谷野さんも、また堀田にリベンジしなければなりませんよ!
またよろしくお願いします。

僕ももちろんまたトニーと再戦したいです。当面の課題は身長差
の克服です。牛乳飲んで日光に当たって現在182.8cmの身長を
183cmにしたいと思います。多分効果は少ないでしょう・・・
練習後の写真を添付します。
写真で見ても、トニーはデカいっす!
DSCN2717.JPG
DSCN2719.JPG

ではバドの話。

<スマッシュを速くする方法>

最近、何故か非常にスマッシュの当たりが良いのです!
僕のスマッシュ速度の全盛期は、おそらく23〜26歳位だと
思うのですが、最近のスマッシュはその頃の速さに匹敵するか
もしかしたらそれ以上の速度が出ているかもしれません。

僕は元々子供の頃から、力は有った方です。
そして、身体的にも恵まれてはいるのですが、やはりそれだけ
では速いスマッシュは打てません。
そこには確実に「コツ」があるのです。

このテーマは以前も書きましたが、最近の速度アップの理由を
考えてみます。

1.打つ前に脱力できている(特に手)
  速くて強いスマッシュを打とう!と力むと、逆にあまり
  スピードは出ません。
  なぜなら、体に力を入れてしまうと、関節のスムーズな動き
  が損なわれてしまい、ラケットヘッドが思ったより走らない
  からです。
  ですので、まず体の力を入れ過ぎないことが大事ですが
  細かいコツとして、グリップを握る手を脱力することが
  とてもスマッシュの速度に影響するのです。
  ショットの速度=ラケットヘッドの速度です。ラケット
  ヘッドの速度に直接的に影響が大きいのは、手首から先なの
  です。
  グリップを握る手に脱力と余裕を持たせて、インパクトの
  瞬間に、ギュッとグリップを握ると、ラケットヘッドが
  ビュッと走ります。
  それが実に速度に影響が大きいのです。
  僕の最近のスマッシュ速度アップは、この「手」の脱力に
  負うところが大きいと診断しています。

2.体を入れて、前で打つ。
  これも基本中の基本ながら、速度アップに大いに関係します
  そもそも、相手もこちらを崩してくるのがバドミントン
  なので、あまり十分な体勢でばかりは打てませんが、それ
  でも、味方のヘアピンが上手く決まったとか、上手く前に
  落としてもらえて、十分な体勢でシャトルの下に入れる事は
  あります。
  ここで、自分の打点を再度確認してほしいのです。
  僕が周りのプレーヤーを見る範囲では、スマッシュを打つ時
  意外と頭の真上で打っている人が多いのです。
  頭の上で打っても、体を使えている限り、それなりの速度は
  出るには出るのですが、やはり体の前で捕らえた時の速度
  とは比較になりません。
  体の前でシャトルを打てると、ラケットの速度が最大になる
  ゾーンでラケットを振れる、つまり振り下ろしているところ
  で打てるので、スマッシュが速くなるのです。
  体を入れられると、体の回転、内旋、回内、脱力した握りを
  ギュッとする、の一連の動作が一本のムチのようにうまく
  力を伝えることができるので、非常に速くなるのであります

3.自分に合ったラケットを使う。
  実はこれ、もんの凄く大きいと思います!
  前に書きましたが、以前のウィルソンのラケットは、残念
  ながら僕には全くフィットしなかったのでした。
  山口さんのチャンプで買った、YONEXのカーボネックス30。
  このラケットに変えてから、明らかに速度が段違いにアップ
  したのです!
  具体的に言うと、僕の力がうまいことシャフトのしなりに
  マッチして、ヘッドがかなり走ってくれる感じなのです。
  あまりたくさんの種類のラケットを試し打ちするわけにも
  いかないと思いますが、今ひとつスマッシュが走らないなあ
  と感じている方は、思い切ってラケットを変えてみるのも
  一考の余地ありと思います。

もちろん、基本的にパワーがあることは前提ですが、パワーは
あってもなかなか速くならないという方は、上記を試してみて
ほしいと思います。
少なくとも、僕の場合はかな〜り速くなりましたので!

***************************

僕は、昨日ちょっと冒険をしました!?
って言うと大げさなのですが、実は髪の毛を染めたのです!

無論、茶髪や紫色(大阪のオバハンか?)にした訳ではなく
最近、ストレス・加齢によって、非常に増えた白髪を目立たない
ように、ダークブラウンに染めたのです。

白髪染めは、一旦染めたら染め続けなければならないので
面倒くさがりやの僕は、年齢相応の白髪でいいや
と思っていました。

しかしよく考えてみると、外見を良くしようというのは、小さい
レベルでは、相手に対するマナーなのかもしれません。
歯を磨いたり、ヒゲを剃ったり、こ綺麗に散髪したり、服装を
清潔感のあるものにしたり・・・

綺麗なロマンスグレイともなれば別ですが、中途半端な白髪頭
よりは、黒々と若々しい髪の方が、見た目的には好感が持てると
思うようになりました。

少し緊張!?とワクワクを感じながら、お風呂場で頭を泡だらけ
にして待つ事5分。
僕の頭は15年前みたいに、黒々(性格には濃い目の茶色)に
大変身したのでした!

う〜ん、やっぱり白髪は無い方がいいなあ、とその後何度も
何度も鏡に見とれるまさやんなのでした(*^ ^*)

でも昨日の練習でも、今日の練習でも、誰にも指摘されなかった
のが若干寂しかったなあ・・・

まあ、黒髪が似合っていたということにしとこう!
ということで、まだまだ色々頑張るまさやんでした。

ではまた。
posted by まさやん at 00:12| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は練習参加させていただきありがとうございました。ダブルス、シングルスともに非常に良い練習になりました。トニーさんも楽しめたようです。運動不足にもかかわらずたくさんゲームをやったせいか、練習後に二人で晩御飯を食べに行ったのですが、トニーさんは腹痛に見舞われてグラス1杯のビールで終了、、、料理もほとんど手を付けず、HOTウーロン茶で胃腸をいたわっていました。トニーさんは超負けず嫌いなので、挑まれる試合を歯を食いしばって頑張り過ぎたのでしょう。
僕が思うトニーさんのショットの凄さは、テイクバック(バドミントン専門用語で言うところのラギングバック)がほとんど無いところだと思います。これは、趙剣華のオーバーヘッドストロークを見た時にも感じました。普通のプレイヤーはある程度のラギングバックがあるので、そのラギングバックにタイミングを合わせてフットワークを始動できます。しかし、ラギングバックが小さいとタイミングがとりづらく、どうしても反応が遅れてしまいます。まぁ、リストと握力が強いからこそ出来る高等テクニックなのだとは思いますが。実際、トニーさんの人差し指の付け根は皮がめくれて、とても痛そうでした。強い握り込みに、練習不足の皮膚が耐え切れなかったのでしょう。
会社帰りの電車で書き込みしてたら、あっという間に30分がたってしまいました!マサやんさんに失礼の無い程度の長文にはなったと思います。
また是非、一緒に練習しましょう!次はトニーさんにリベンジして下さい。マサやんさんはまだ気付いてないかもしれませんが、トニーさんには明らかな弱点があるのです!それについては、ここでの書き込みは避けさせていただきます。では、全日本シニアまであと少し、頑張りましょう!
Posted by H田 at 2010年11月08日 20:38
H田どの、初コメントありがとう&練習参加お疲れ様でした。

確かに、トニーさんのあの腕先だけで振るあのスイングは、対戦する側としてとても分かりにくく、こないだの僕は一発目から効かされまくっていました。
しかし、ああいうプレーもあるということで、ああいう攻め方にも対応できなければならないということを学べてよかったと思います。

こないだは非常に悔しいかつ情けない負け方だったので、トニーさんに負けず劣らず負けず嫌いの僕としては、是非とも再挑戦をして前回を上回る内容の試合にしたいものです。

トニーさんの弱点は、また次回プレー中にじっくり観察して見抜きたいと思います。
でも、教えてくれてもいいよ(^^)
今のところ、僕が認識したトニーさんの弱点は、喋り過ぎってことでしょうか!?

次回は何とかもう少し粘って、トニーさんのめくれた皮膚から、出血を確認するまでラリーをつなぎたいと思います。
その前に僕が死亡しないようにします・・・

T野さんも、きっとH田に返り討ちで悔しがっていると思いますので、また第二回リベンジマッチを実施して下さい!
次回はビデオ撮影します。

全日本シニアもあと二週間弱。会場は違うけど、お互いベストを尽くして、1つでも多く勝ち上がろう!

それではまた。
Posted by マサやん at 2010年11月08日 21:05
お久しぶりです!若返った師匠!!
やっぱり男性も女性も若く見えた方がいいと思いますよ♪

あれからプライベートの方も落ち着き始め
またバドミントンに熱中できそうな感じになってます。

今月の23日にまた試合に出てみます!
今回はランクを上げての出場なので
少し緊張ですが、頑張ってきます!!

そして、このタイミングで今回のタイトルが『スマッシュを速くする方法』。

体の具合からスマッシュを少なくしての組み立てをしてる現在ですが、ハッキリ言ってストレスが溜まります(笑)
やっぱり本来のスタイルじゃないんで・・・。

おまけに、スマッシュを打つ回数が少なくなってるんで、打っても今までと同じ様なスピードも出ないしコントロールも付いていない。

やっぱり、試合までに前の勘を取り戻す為に
今回のタイトルの内容をふまえて、少しスマッシュの回数を増やしていかないとヤバイかも!?

毎回毎回、ブログのタイトル(内容)がその時の僕にハマってるんで本当に助かってます!!

今日も明日も明後日も練習です!!

試合まではできるだけ練習して、終わったらゆっくり休みます。

それでは、お忙しいと思いますが、ブログの更新を楽しみに待てます。
Posted by まさっち at 2010年11月09日 12:24
まさっちさん、久々のコメントありがとうございました。
プライベートも落ち着かれて、仲睦まじい幸せな状態だと想像します。

バドも再開できて良かったですね!
まさっちさんの腰は、基本的に完治は難しいと思われますので、あくまでも体と相談してプレーして下さいね。

スマッシュは、本来はもちろん腰の回転も非常に重要ですが、意外な盲点として手の脱力、つまりグリップをゆる〜く握るというのが、速度に直接的に効果ありだと思います。

普通は強く打とうとすると、体中に力が入ってしまうものですが、そうなると筋肉がこわばって、関節のスムーズな動きが阻害され、可動域もせばまって、結局力を入れている割には速くならない、ということになります。

速い球を打つ為に脱力する。一見逆のような感じですが、これは本当に大事なポイントですので、是非とも力むことは止めるようにして下さいね。

再開してからの、まさっちさんの練習ぶりは、週に一回が関の山の僕からしたら、羨ましい限りです。
ランクが上の試合ですが、緊張などせずに、普段の実力を出し切って下さい。
結果は二の次三の次ですよ!

白髪染めですが、初めてなのでどうやら失敗したみたいです(^^;
両サイドが全然染まっていません・・・
また来週トライして、今度は見事に若返ってみせますね!

ではまた。
Posted by マサやん at 2010年11月10日 00:45
マサやんさん、凡ミス繰り返しまくりのK塚です。
この前は対戦してくださいありがとうございました。ほぼ勝ちを確信した後の凡ミスの繰り返し、しかも時間切れで1ゲーム。大変悔やまれます。あのまま3ゲームマッチならきっと勝たせていただいていると思いますが、しかし、そこは元気なマサやんさんに勝ってこそ本当の勝利と言うことで、是非また次回、対戦をお願いします。
私も、もと畷シャトルズと言うことで、家も近いので、サンアリーナなら、またご一緒できると思います。ただし、こわ〜い嫁の承諾がとれればという、ハードルの高い条件をクリアしなければなりませんが。では次回を楽しみにしています。
K塚でした。
Posted by K塚 at 2010年11月10日 19:10
K塚さん、早速のコメントありがとうございました。
畷シャトルズの先輩!?ということで、今後ともよろしくお願いします。
奥さんのハードルは、軽くクリヤーして頂いて、是非ともまたお気軽にお越し頂きたいと思います。

そしてまた僕が元気な時に、シングルス再戦是非お願い致します。
僕も負けたくはありませんので、次回対戦はしっかりと勝ちにいきますよ!
ぜひよろしくお願いします(^^)

そして機会があれば、H田も交えて是非飲みましょう!
Mズノ製品の格安販売も期待しております!?

ありがとうございました。また是非お待ちしています。
Posted by マサやん at 2010年11月11日 23:59
K塚です。マサやんさん、お返事ありがとうございます。次回、マサやんさんの元気なときにお相手お願いします。こっちもさらにテンションあげて向かっていきます。

今日はMズノの練習会がありました。その後に充分に飲んで今帰って来たところです。H田は所用で来てなかったのですが、トニーさんが1人でフラーっと来てて、この前と同じような勢いで、今日は私が英語攻撃の1人目となり、その流れで基礎うちをしたので、この際と言うことで、ついでにシングルもやっときました。結果は負けはしたものの、2ゲームとも18点で、途中まではリードという、マサヤンさんのときと同じような凡ミスを繰り返してしまいました。ただ、明らかに負けてしまうような差があるわけでは無かったので、次回はきっと勝つことでしょう。

是非また飲みも機会があれば誘ってください。それでは、またよろしくお願いします。
Posted by K塚 at 2010年11月12日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック