2010年01月16日

コメントforちこりんさん

ちこりんさん、コメントありがとうございます。
初打ちの7日は私と同じですが、初試合が10日とは!
同世代がバド頑張っているのは、本当、嬉しい限りです。
これからも、ますますバドメインでお互いに頑張っていきましょうね!

コメント欄に投稿しようとしたのですが、なぜかエラーになって
投稿できなかったので、本文として投稿します。

初質問もありがとうございます。
@の問題は、う〜む・・・難しい問題ですね。

一般論を言えば、人それぞれ性格もプレーも違うので、刀と鞘の
ように、100%ぴったりナイスフィットなパートナーというのは
事実上存在しないと思います。
こうして欲しい、そこはそうしないで欲しい、という思いは
人の付き合いと同じで、どんなペアにでも存在する状況
(問題ではない)ではないでしょうか?

なので、パートナーとして組んでいる以上、ある程度相手に
合わせた動きというのは、必要になってくると思います。
ちこりんさんのパートナーの方の不満としては、前衛にへばりつく
ちこりんさんに、もう少し後ろの方にも対応して欲しい、という
ことなのかもしれません。(邪推かもしれませんが)

ダブルスなので、目的としては「勝利」であり、勝利の為には
トップ&バックで居続けることが、可能性は高いです。
ですので、どんどん前衛に入ることは良いことです。
トップ&バック状態で居られるなら、そのままが良いので。

@のケースを僕が判断しきれないのは、パートナーの方の考え(真意)がよく分からないからです。
回ってローテーションするのが好き、なのは分かりますが、それが
楽しいから好きなのか、その方が強くて勝てると思っているからなのか・・・
後者であれば良いのですが、ただ単に楽しいから、が理由の場合
「私はレシーブが好きだから」と、全て高〜くロブで上げて
レシーブすることに悦に入っているようなケースだと、ちょっと
困りますね。

文面だけの判断で恐縮ですが、ちこりんさんは「前衛に入りたい」
パートナーは「ローテーションしたい」と感覚が異なっています。
その個人の嗜好を貫くのは、完全に本人の自由ですが、貫くならば
違う感覚を同じように貫く人とは「こうして欲しいのに〜」という
不満が互いにぶつかってしまうのは、当然のことだと思います。

お互いがそのままであれば、ペアとして「合わない」と思います。
ちこりんさんは、後衛が強くて好きなパートナー、ローテ好きな
人は、同じようにローテ好きな人と組むのが、需要と供給がうまく
かみ合って、ストレスが溜まらないのではないでしょうか?

ただ、初めに書いたように、100%不満のないペアなど居ません。
人それぞれであり、個性もプレーのレベルもくせも十人十色です。
ですので、気をつけなければならないと僕が思うことは
鳩山内閣ではありませんが「友愛」の精神ですね。

相手の特性に合わせて、この相手とならこういうプレーをすれば
ペアとして最大の力が出せる、ということを考えていく
「思いやり」のプレーが必要なのではないでしょうか?

例えば、ドライブの苦手なパートナーの場合は、あまりドライブ
勝負に持ち込んだら、パートナーは対応できずにやられてしまう
ケースの場合は、なるべくしっかり上げたり、ネットに落としたり
という分かりやすい大きなラリーにするとか、レシーブが苦手な
パートナーなら、自分側にロブを上げるとか、スマッシュが強い
パートナーなら、極力ネットに落として自分が前に入るとか。

月並みな結論ですが、お互いが少し我慢して相手に合わせる
というのが良いと思います。
相手に合わせてるのが自分だけ、の場合は・・・スパッと解消
するしかないですかねえ(^^;
ストレス溜まるだけですもんね。

AJ-SPORTのバド映像は、僕も良く見ます。
世界のトップレベルの試合は、もちろん僕から見ても超人的で
同じようなプレーなど望むべくもありませんが、中国の超人的な
プレーでも、いや、だからこそ、初級〜中級の方にも確実に
参考になりますよ!

ただ、こういうトッププレーには見方というものがあります。
それは、ゲームのラリーを追うのではなく、個々のプレーを
ピックアップして観察するのです。

ピックアップするというのは、自分が参考にしたいプレーや
動き、スイング、フットワークなどに焦点を当てて研究するのです。

超人的プレーは、ラリーの流れだけを追えば「うわ〜!すっげ〜」
と、アクロバチックなサーカスを見ているような、驚きと楽しさだけ
で終わってしまいます。

そうではなく、自分が参考にしたいプレーを「スロー再生」で
繰り返し繰り返し研究するのです。

超人的プレーも、スローで再生すれば、どのようにスイングして
どのようにフェイントをかけて、どのように効かされながらも対応して
どのように動いている、というのがじっくり見ることができます。

リンダンの逆カット、ヒダヤットのハイバックスマッシュ
リーチョンウェイのジャンピングクロススマッシュなど、スローで
見れば、その動きのシステムがよく分かります。
分かるから、できるわけではありませんが・・・

ただ、トップの選手は、全ての動きが「正しい」動き方をしており
また「正しい」打ち方をしており、「正しい」かわし方もしています。

その個々の動きをスローで見ることによって、動きのメカニズムが
克明に明らかになります。
「ああ、こんなにひじを引いているんだ」とか
「あそこから、あんなにラケット面を切ってカットしてるんだ」
とか
「そこまでタイミングをずらしてからフェイントかけてるんだ」とか。

同じプレーはできなくても、どのように動いているかを「知る」ことは
ものすごく参考になると思います。
知ったそのプレーの数十パーセントでも、次の練習・試合に出せれば
それ即ち「上達」だと思います。
今まで知らなかった為に打てなかったショットが、打てるように
なったのですから。

Aの結論としては
「世界レベルの選手の試合は、ポイントを絞ってスローで繰り返し
見ましょう」
です。

僕も、日々リンダンVSチェンジンのシングルス(2009年世界選手権決勝)の映像を見ています。
リンダンのフォア奥からのジャンピングクロススマッシュを
穴の開くほど見ていますが・・・あれはマネできません(^^;
せめて、ジャンピングクロスカットくらいは打てるようになりたい
マサやんでした。

ではまたコメントお待ちしていますよ〜!
posted by まさやん at 01:21| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マサやんさん、初質問でいきなり個人的な難題を突きつけてしまい申し訳ありませんでした。
マサやんさんのおっしゃる「友愛」思いやりのプレーの必要性は日々感じています。
学生の時はペアとして合っていようがいまいが、コーチに言われたとおり逆らわずがんばったものですが、やはり人間このくらいの年齢(!)になると少々わがままになってきます…特に女子の場合はペアとしてのプレーがうまくいかないと人間関係までぎくしゃくしてしまうことも多々あるみたいです。
私はそんなしがらみはなるべく避けて、バドミントンを楽しむことを心がけていますが、今回やりやすいと言ってくれていたパートナーから言われて少々動揺してご相談してしまいました。すみません
m(_ _)m
実は私もパートナーの「ローテーションがしたい」の真意はわからないので、今度聞いてみることにします。

J-SPORTSのバドで「すごーい(*_*)」と感心して観ていたら、栂尾さんがハッとするような解説をされていて、自分の観察力のなさを痛感しました。私も研究熱心なマサやんさんのように深ーく観なければと思います。

いつでも構いませんので、いつか話題にしていただきたいことがあります。(すでにされていたらすみません)「試合での緊張を緩和するには…」です。
地元の試合ではそれほど緊張しないのですが、オープン試合など相手のレベルもスタイルも全くわからない試合ではすごーく緊張してしまいます。
お恥ずかしながらこんな私でも昨年初めて都民大会に出たのです。私は全然代表レベルなどではないのですが、壮年の層がうすくお呼びがかかったのです。周りは自分よりずっと強そうで、練習を見ただけでドキドキ…。
いよいよ自分の番が近づいてきたので、ストレッチをしていたら緊張のあまり、ほぐれるどころか逆に背中の筋をおかしくしてしまいました(>_<)胸もムカムカしてくるし…。
ご想像とおり、敗戦デビューでした。
マサやんさんは大きな大会にも出場していらっしゃいますし、素晴らしい戦績も残していらっしゃいますからしっかりコントロールされているんでしょうね。
逃げたいくらい怖くても今年も○○市壮年代表として参加することになるでしょう。
マサやんさん、おまじないでも良いので何かコツのようなものを私に伝授していただけませんでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m
あ、おヒマがある時で構いませんので…。

余談:私の夫の実家はサザンの桑田さんのご実家のあるC市で、桑田家から10m位です。同じ敷地に住む夫のいとこは子どもの頃桑田さんにキャッチボールをして遊んでもらったそうです。(いとこも同年代…)
Posted by ちこりん at 2010年01月19日 15:48
ちこりんさん、僕のブログに劣らない!?ロングコメント
ありがとうございました。
質問については、全然遠慮されなくて結構ですよ。
前にも書きましたが、疑問を投げ掛けられることによって、僕も
そのことについて深く考える機会となり、僕も鍛えられている
と思うからです。
もちろん、常にベストアンサーを弾き出せるはずもありませんが
できる限りお役に立てるように、知恵を絞っていきたいと思い
ますので、これからもご遠慮なくコメント下さいね。
コメント欄にメアドを書けば、僕にだけ見える仕組みになって
いるようですので、よろしければまた次回にでもご記入下さい。

さて、試合の時の緊張を緩和する方法ですが、それは本当は
僕も教えて欲しいくらいです・・・
って言ってしまうと元も子もないので、色々書こうと思いました
が、緊張について書いた記事が、過去に2つほどありました。
横着で申し訳ありませんが、そこで僕の緊張に対する考えを
もれなく述べていると思いますので、下記記事をご覧頂けません
でしょうか?

2007年8月30日 精神面の弱さ対策について for S.Hさん
2009年5月19日 一試合目の心理について

上記記事を要約しますと、緊張するのは当たり前である、という
ことです。
そしてこれを緩和するのは、まずは普段の練習の取り組み方と
あとは試合時にいかに開き直れるか、だと思います。
バドでも何でもそうですが、自分は自分であり、自分以上でも
以下でもありません。相手にしても同じことです。
であるならば、自分の実力を出し切りさえすれば、勝っても
負けても、それはもう実力通りということで、納得せざるを
得ないと思うのです。

緊張の最大の原因は

「負けたくない!負けたらどうしよう・・・」

という不安が先に立つからでしょう。
その心理はよく理解できます。何故なら、誰もが負けたくない
からです。
つまり、ちこりんさんが緊張して対戦する、当の相手も同じ様に
「負けたくない!負けたらどうしよう・・・」
という考えは、多かれ少なかれ持っている筈なのです。

しかし、試合会場に行くと、受験の時みたいに、やたらと
周りの人を実力以上に過大評価してしまって、不必要に自分を
追い込んでしまうこともあると思います。

特効薬としては

「負けを恐れない」

でしょうね。
一生懸命にやって、それで負けたら、もうしょうがないじゃ
ないですか。それが実力なんですから。
そして、負けることは、恥ずかしいことでも何でもありません。
その敗戦を、次回に活かせれば、むしろ価値のあることだと
思います。

勝ちたい!負けたくない!って思うとどうしても、邪念が生じ
たり、疑心暗鬼になったりしますが、実力を出し切って、一つ
一つのラリーを頑張ろう、と考えれば、少しは緊張も緩和する
のではないか、と思います。

次の試合もきっと緊張するかと思いますが、緊張している自分
に負けないで、頑張ってラリーに集中していれば、そのうち
緊張を忘れている自分に出会えると思いますよ!

桑田さんキャッチボールネタは、実にオドロキました!
僕もキャッチボールしたいなあ・・・

ではまた!
Posted by マサやん at 2010年01月24日 23:16
マサやんさん
「コメント欄にメアドを書けば、僕にだけ見える仕組みになっているようですので、よろしければまた次回にでもご記入下さい。」
教えていただきありがとうございます。
確認させてください…というのは上のメールアドレスの欄ではなく、このコメント欄に私のメアドを記入すれば良いのでしょうか?

Posted by ちこりん at 2010年02月05日 15:06
ちこりんさん、って、マサやんに「さん」をつけるのが違和感あるように、本当は「ちこりん」で完結しているところ、ちこりんさんって、面白いですね(^^)
いつも見て頂いてありがとうございます。

メアドの件ですが、コメントを書く時の画面で
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
を記入する画面になりますが、その画面の「メールアドレス」欄にメアドを記入頂ければ、私にしか見えない仕組みになっております。
って、このブログ(seesaa)の仕組みなのですが・・・
書き込んだコメントは、このブログでは誰でも見られますが、コメント欄に書き込んだメアドは、このブログの管理画面(僕専用の別ページ)でしか見られません。
ということなのです。
なので安心してご記入下さい。そしてまた疑問・質問があればウエルカムですよ!
ちこりんさんの質問が、きっと僕をまた成長させてくれますので。
よろしくお願いします。
Posted by マサやん at 2010年02月06日 01:14
まさやんさん
こんにちは。
唐突ですが、パートナーから「ローテーションがしたい」と言われて困惑していたこと覚えていらっしゃいますか?
私はミックスもやるのですが、ミックスの場合女子はひたすら前衛ですよね?
私が前衛、パートナーが後衛のトッパンで攻めている時、クロスに切り返された場合私はミックスのクセで、私が逆サイド奥をカバーせずにパートナーが横に振られてしまうことがあるんです。そのことを指しているんだ!と今さらながら気がついたんです。
でも前衛の意識が強いせいか私のスタートではその切り返しに対応するのが遅れてしまいます…。
そこでまさやんさんにアドバイスをお願いしたいのですが、前衛にいる時にクロスの切り返しをカバーするポイントを教えていただけますか?ポジショニングが前すぎてないかとか…。
時々パートナーのスマッシュのコースが甘くてカウンター食らうこともあるんですけどね…(^_^;)
もちろんどちらかが上げた時にはサイドバイになり、俗に言う「二等辺三角形」で守っています。
よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by ちこりん at 2010年02月12日 18:37
マサやんさん
「クロスの切り返し」について、とても説得力のあるアドバイスどうもありがとうございました。思わずうなずきながら読みました。
あと、私の説明不足でひとつお聞きし忘れてしまったことがあります。
鋭い切り返しは後衛の攻めに問題があるということですが、それが鋭い切り返しではなくクロスのロブが返ってきたらそれはどうするのが理想でしょうか?
上級者の男性の方などは前衛が下がって打っているのを見ます。あと女子でも学生サンとか…。逆にレディースは下がらず、後衛が横に走って打つ事が多いようです。レディースは下がって打つのが苦手な場合が多いからなのか…その辺り教えていただけますか?
ここからは余談です。
時々組むご相談したパートナーは私より3つ位年下でプレースタイルは攻め主体、レシーブがあまり得意でないので攻められる前に攻めたいと言っています。時として無謀と思われるような攻めもします。私も彼女くらい年の時はそうでした。けれどここ数年でアキレス腱断裂や肉離れ3回、腰痛やら肘痛やらひと通りのケガをし、周りのアドバイスもありアラフォーにして学生のまんまのようなプレーはやめよ、と苦手だったレシーブをひたすら練習し「無理に攻めず、レシーブで崩してチャンスを待って決める」というプレースタイルに変えてきました(もちろんレシーブもまだまだですが…)パートナーはそんな私のプレにイライラしているのを時々感じます。とてもアラフォーのレベルや体力でない若々しいマサやんさんもそう思われるかもしれませんね。スミマセン。。。m(_ _)m
けれどレシーブに少し自信が持てて、やたら攻めなくて良くなったら以前より相手がよく見えるようになったような気がします。
それにしてもマサやんさんのブログに出会って本当に良かったデス。そのおかげでこれからも上達できるような気がしてきます(笑)
私も試合になんだかんだ出ています。マサやんさんと同じ大会でお会いすることは恐れ多くもあり得ないと思いますが、もしかしたら私が憧れているような強い方がマサやんさんのお知り合いだったりするかもしれませんね。
これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by ちこりん at 2010年02月18日 18:26
マサやんさん
ちこりんより補足です。
プレースタイルが少々変わってもバドミントンに対する熱い気持ちは少しも変わりません!むしろその気持ちが強く、勝ちたいと思うが故にスタイルを変えたと言っても良いかもしれません。決して消極的なものではないのです…。
また市代表の試合の時にはパートナーが年上の方なので、私の方ががんばって攻めるようにしています。
…ので、見捨てずにこれからもご指導よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by ちこりん at 2010年02月19日 17:20
クロスのロブですか。
その場合も、基本的には後衛だと思います。
何故なら、前衛は前への返球を待っているので、後ろに返された球を取ろうとすると、結局は前への気持ちが分散されてしまい、本来の前を取れなくなるからです。

ただ、ロブを全く無視していいかということもなく、後衛の状態にもよると思います。

というのは、後衛が大きく振られた状態からも頑張ってスマッシュを打っている時、後衛が打った後、かなり態勢が崩れているのが分かっている時には、前衛としては、少しコートの真ん中辺りにポジションを変えて、大きく開いたコートをカバーする、という場合です。

また逆に、後衛に上がった球が浅くなっていて、後衛が打ちながら前に詰めることができるようなチャンスの場合は、後衛が前に出てくることを前提に、前衛はそれを感じながら、後ろに下がるという場合もあります。
その場合は、頑張って後衛の突進に期待するのですが、そこで運悪く切り返されてしまった場合は、それはもう前衛が下がりながら取るしかありません。

ですので、基本的にはクロスのロブももちろん後衛担当で、上記のようなケースの場合は、前衛が取ることもある、という回答にさせて下さい。

しかし、ちこりんさんは、その怪我の具合から察するに、相当マジにバドやられているのですね!スゴイ。
僕はバドで大きな怪我はしたことがないので分かりませんが、肉離れやアキレス腱断裂は、かなり痛いでしょうし、復活に時間を要しますし、復活した時の実力ダウンに気落ちしてしまうこともあったと思います。
年齢は僕と同世代ですので、まだまだ若いと思いますが、無理は禁物ですね。
怪我に気をつけながら、頑張りまくって下さい!?
僕も「ジャージの変人」と思われようとも、これからもなわとび他頑張っていきます!

コメントありがとうございました。
またお願いします!
Posted by マサやん at 2010年02月23日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック