2009年05月31日

ロングハイサービスの打ち方2

お約束通り、ロングハイサービスの動画を撮影してきました。
本当は、細切れの写真で、ポイント毎に解説を交えながら載せ
たかったのですが、デジカメでの連写方法を知らないので、動画
にてご容赦下さい。

ポイントは前にも書いた通り

1)前かがみにならないこと。(シャトルにラケットを当てに
  行かないこと)
2)シャトルを顔くらいの位置にセットして、右前方に放り
  投げる。(シャトルの落下する力も利用する)
3)リストスタンドした状態でひじを後方へ引き、ひじを先行
  させて、ラケットヘッドを遅らせて、腰の回転でリードして
  瞬間的に左肩後方に一気に振り抜く。

です。

アンダーハンドで「ビュッ!」と音がするくらい速く振るのは
実はちょっと難しいとは思いますが、ポイントは、腕をムチの
ように柔らかくしならせて使うことです。

最初の構えの段階では、リストスタンドしているので、ラケット
ヘッドは前方を向いていますが、ひじを後方に引いてから
スイングの開始にともない、ひじが前に先行し、ラケットヘッド
が一度後方を向いて、インパクトの瞬間に、またヘッドを返す事
で、バックバウンダリーラインまで高く大きく飛ばすパワーが
生み出せるのです。

威力あるショットのコツは、打つ前は脱力してリラックスして
いて、インパクトの刹那に瞬間的に力を入れることで、ヘッドを
走らせるのです。
ロングハイサービスも同様です。
打つ前には、体の力は抜いて、腕もリラックスさせて、シャトル
を打つ瞬間だけ「ギュッ」っと力を入れましょう。

動画を見れば、何となくイメージが湧くと思います。
このサーブに関しては、まあまあ悪くないフォームです(^^;

サーブ自体の練習もいいですが、一人でシャトルを体育館の天井
に向かって、フォアハンドで高〜く連続で跳ね上げるのも
良い練習になるのではないかと思います。

一番良いのは、身近に居る「ロングハイサービス」の名手に
直接教えを請うことかもしれませんね!

とにもかくにも練習あるのみです。頑張ってみて下さい。

え〜、マサやんの生涯を振り返る、のは、また次回書きますね!
えっ?あんまり興味ない?
まあ、そうおっしゃらずに、また読んで下さいね(^^;
書いてる方は楽しいので!?

ではまた。
posted by まさやん at 00:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とうとう動画出ちゃいましたねぇ〜(^_^)v とても楽しみにしていましたよ!

僕は ジンクスでロングハイと ドライブサーブを多用しています。ショートサーブはほとんど使用しません。最近周りを見渡してみるとショートの使用者が増えていることに気付き、 僕のレパートリーにも加えてみようと思っています! その際の配球や、ショートをレシーブする際のポイントというか… マサやんさんが普段気を付けている事など、何でも良いので教えて頂けないでしょうか(^。^;)
Posted by じゅんぼ〜 at 2009年06月01日 09:11
とうとう動画出ちゃいましたねぇ〜とても楽しみにしていましたよ!

僕はシングルのサーブはほとんどロングハイとドライブサーブを多用しています。最近周りを見渡してみるとショートサーブ使用者が増えていることに気付き、僕もショートサーブをレパートリーに加えようと思っています。 それで、マサやんさんに ショートサーブの配球や、何か気を付けている事 ショートをレシーブする時の着意事項などがあれば教えて頂けないでしょうか?
Posted by at 2009年06月01日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック