2007年09月24日

バックハンドからも強く打とう

昨日は三連休の中日。最近、旅行、出張と続いていたので、どこへも行かず家でのんびり
過ごしていました。

昨日は日曜。やはりテレビはどうしても見てしまいますが、毎回同じ番組を見てしまって
いることに気づきます。

「サンデージャポン」に始まり、その流れで「アッコにおまかせ」。12:00からは
「ネプリーグ」(大阪はこの時間に放送しているのです)で軽い脳トレ(なってないか)
を行ってから、朝日放送の長寿番組「新婚さんいらっしゃい」で三枝さんの名調子を
堪能した後、これまた長寿番組の「アタック25」で、児玉清さんの右手に合わせて
「大事な大事なアタックチャーンス!」と、僕もグッと握りこぶしで右腕を振るわせる
のが、毎週日曜の日課になっております!?
児玉清さんの物まねで一躍大ブレークした博多華丸氏がマネするより先に、僕は毎週
「アタックチャーンス!」と右腕を震わせていたのです!(何の自慢?)

しかしその後面白い番組が無かったので、前に録画していた「ルパン三世」を見よう
ということになりました。

ルパン三世と言えば、僕の世代では何と言っても「山田康雄」さんの声なのですが
亡くなられてからは、物まねの栗貫こと「栗田貫一」さんが声優を担当されています。
最近の若い方は、最初からルパン=栗貫になっているかもしれませんが、僕らにとっては
誰が何と言おうと、ルパン=山田康雄なのです。
山田康雄氏は、クリントイーストウッドの声も担当していて、そちらの方は声が合わない
と不評だったこともありましたが、ルパン三世に関して言えばあまりに合い過ぎていて
他の人では代わりになり得ないとまで思ってしまうのです。
そういえば、とんねるずがデビューしたきっかけとなった「お笑いスター誕生」の司会も
山田康雄氏がされていました。

物まねでよくルパン三世をやる人は、「ふぅーじこちゃ〜ん!」とか「とっつぁ〜ん」
とか、高い声で喉を震わせるセリフを多用しますが、栗貫も昔はそういうセリフは得意と
していて、今の声もそういう特徴的な場面は山田氏を彷彿とさせるのではありますが
ルパンが普通の口調で喋る場合は、やはりどうしても栗貫の声ではルパンになりきって
おらず、ルパンを見ていながらも栗貫の顔が浮かんできてしまうのです。

これは栗貫自身も「ルパンの普通に喋る声は難しい」と言っていたそうで、本人にも
その自覚があるのであれば、今まで以上に昔の山田康雄氏の声を研究・勉強して、本物の
ルパンになりきって欲しいと切に願うのでありました。(ってそんなにルパンファンでも
ないのに・・・)

ところで、ルパン三世の原作者は「モンキーパンチ」氏です。
うちの嫁に「ルパンは誰が書いているの?」と聞かれて、僕が「モンキーパンチだよ」と
答えたら、嫁は「外人さん?」と聞いてきました。
「モンキーパンチ」氏は紛れもない日本人です。wikipediaで調べたら本名は加藤一彦氏
という名前だそうです。東工大大学院卒です!
「モンキーパンチ」という名前は、国籍を分からなくする為につけたそうです。

しかしよく考えたら、カタカナだから常に外人という訳ではないなあと思って、しかも
外人で「モンキーパンチ」などと言う名前はおかしくて、それならば「キャットキック」
と書いても外人になってしまうなあ、などと下らない事を思って一人ほくそ笑む僕なの
でした!?

さてバドの話。

バックハンドからも強く打とう

今までもこのブログに書いてきたように、バックハンドはフォアハンドに比べて
どうしても打球の強さは劣ります。
ヒダヤットのような超例外もありますが、普通はバックハンドの方が苦手な人が多いと
思いますし、実際バックハンドからはエースを奪えるような強力なショットはなかなか
打てないものだと思います。

だからこそ、バックハンドは狙い目の一つですし、バック奥に追い込んで前に詰めるのは
大事なセオリーの一つであり、僕も何回も強調してきた事なのです。

自分で書いてきた事に相反するようですが、だからこそ裏をかいて、バックハンドから
積極的に強くスマッシュ・ドライブをストレート、クロスに打っていくことで、相手の
意表を突き、その次の返球が甘くなることが期待できると思います。

僕自身、最近までバックハンドに打たれた球は、ストレート・クロスに打ち分けては
いたものの、前に落とす事が殆どで、強いショットは殆ど使用しませんでした。
自信が無かったからなのでしょう。
まあ、がむしゃらに振り回してミスを連発するよりは、そっと前に置いた方が良いかも
しれませんが、あまり置きにいってばかりだと、そのうちに相手も「あっ、こいつは
バック側に打ったら前にしか返してこないなあ」と読まれて、どんどん前に詰められて
しまいます。

そこで、それほどギンギンに強いショットでなくとも、バックハンドからも強い球が
あるんだぞ!という所を見せておければ、相手もバック側に打って自動的に前に詰めて
くるという攻めを、少しでも緩和できるものと思います。

相手が、バックハンドからの強い球を全然待っていない場合は、それほど速くない球でも
かなり効果があったりするのです。

フォアハンドほどの強い球は繰り出せなくとも、今までネット前に置いていたり、無策に
パカーンと上げてしまっていたところを、意表をついて強く打てば、また新たな世界に
足を踏み入れられるのではないでしょうか。

ただし、いくら強い球と言っても、相手のフォア側に打っては最悪のカウンターを
喰らってしまいますので、ドライブは相手のバック側、つまりクロスを狙っていきたい
ところです。さらに難しいかな?

難しそう、だからできない、ではなく、難しそう、だから練習してできるようになろう
と思いたいですね。
そうやって今までに打たないショットを取り入れていく事は、必ずやレベルアップに
つながるものと思います。
次回の練習から意識して強く打ってみて下さい。

先日の練習で、このブログの愛?読者である酒井氏と組んで試合しましたが、サーブが
バックハンドに変わっていて、ネット前からのロブを早いタッチでクロスに切返して
相手を追い込んだら積極的に前に詰めていて、そのプレーの変貌ぶりに実は大変感銘を
受けました!
僕が前に、ダブルスのサーブはバックハンドで、と書いた時に、同じチームのフォア
サーブ派は皆上手くない、と書いた中に、実はきっちり酒井氏も含まれていたのです!
そこを、自分のプレーに固執しないで、良いと思った事は積極的に取り入れていこうと
いうその姿勢が、先日の良いプレーに現れていたのだと思います。
いや、何も僕のおかげだと思って欲しい訳ではないですよ(^^)
純粋に、「上手くなったなあ」と思ったのでした。
彼は私の1歳下。年齢は4●歳。4●歳からでも、ほんのちょっとの変化でいくらでも
まだまだ強く上手くなれるものと思っています。
酒井さん!これからもまだまだ頑張って一緒にどんどんレベルアップしていきましょう!

そして、前川と大林さん、大至急バックハンドサーブに変えましょう・・・
急務ですぞ!

ではまた。
posted by まさやん at 11:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック