2007年07月25日

ダブルスでの狙い目 〜その2

今回はダブルスでの、真ん中からのスマッシュのコースについて考えて見たいと思います

A → 1.2.
  1.と2.をまとめてしまいましたが、真ん中からのスマッシュは、基本的に角度が
  つかない(レシーバーにとって)為、1.も2.も同じかなと思います。
  厳密に言うと異なりますが、ここは大雑把にいきたいと思います!?
  真ん中からのスマッシュに対しては、こちらから見て右側の人は気持ちフォアを
  待っていると思います。
  なのでこのコースは、まあ打っても良いかなと思いますが、気をつけなければ
  ならないのは、やはりアウトミスでしょう。
  ダブルスの場合相手も二人ですので、あまり端っこの方を狙って打つメリットは
  ないと思います。
  上から下に打っている分については、攻撃している訳ですので、それほど厳しい
  返球はないものと考えて、攻撃している事を重視して、ノータッチを狙うのは
  避けて、上から下に攻撃していること自体を尊重して、攻撃を継続させる事に
  集中するのが良いと思います。

A → 3.
  ここは上記で書いた通り、レシーバーはフォアで待ちがちなので、あまり打たない
  方が良いでしょう。打つとしたら、バリエーションの一環として、返球を予想
  してのショットにすべきだと思います。

A → 4.
  これは真ん中から真ん中へのスマッシュです。
  前回も書いたように、相手の真ん中は常に効果的だと思います。
  特に真ん中から真ん中のスマッシュは、返球のコースが限定されるので
  前衛にとって、予想しやすい返球となる確率が高いと思われます。
  ここは多用して、どんどん真ん中に攻めてみましょう!

A → 5.
  ここは相手も待っているところですので、打たない方が良いでしょう。
  ただ、返球されたとしても、あまり角度は付かないので、前衛がしっかり
  待っていれば、打っても構わないコースだと思います。

A → 6.7.
  ここも大雑把に、一つにまとめます・・・
  ここは相手も若干待っていないと思われますので、積極的に攻めて良いコース
  だと思います。
  真ん中から打つ場合、相手にとっても角度が付かないということもありますが
  こちらとしても、返球に角度はつかないというメリットはあります。
  なので、基本的に真ん中から打つショットは、どこへ打っても良いような
  気がしております。
  しかしその中でも一番効果的と考えられるのは、やはり相手のセンターです。
  ダブルスの基本は、「いかに攻撃している時間を長くできるか」で勝負は
  決まってくると思いますので、上から下に打っている分にはOKなんだと認識
  してプレーできれば良いと思いますよ!

ということで、真ん中からのスマッシュについて考えてみました。

また個別に「ここが知りたい!」というリクエストがありましたら、コメント欄に
お気軽に書き込んで下さいね!
しっかり回答したいと思いますので。

では次回にまた書いていきたいと思います。
このサイトを訪れて頂いて、本当にありがとうございます。
これからも上達に役立つ情報を、皆様と共に考えていきたいと思いますので
何か情報があれば、ご遠慮なくお知らせ頂ければと思います。

ということで、もう遅いのでこの辺にしときます。
海の写真ですが、完璧に曇り空で浜辺で震えておりましたので、写真はまたの機会に
ということでご容赦願います・・・
先週のリベンジとして、今週もしっかり海に行ってきたいと思います。
今週は鳴門です!
また報告致しま〜す。
ではまた。
posted by まさやん at 01:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック