2007年07月03日

ダブルスのロブとプッシュについて

今日は趣向を変えて、バド技術メインにしたいと思います。
って、それが元々のこのブログのコンセプトなのですが・・・

僕が前に所属していたクラブの方が、このブログを見て下さって
「タイトルに見合った量の技術的な記事が欲しい」との嬉しいご要望!
を頂きましたので、その方針に従って今回は日常のコメントを割愛して
技術的記事に集中してみます!

ダブルスのロブについて

社会人の皆さんは、ダブルスがメインだと思います。
ダブルスの場合、シングルスと明確に異なった方針があります。
それは・・・

相手コートに少しでも早く返球する、ということです。
ダブルスでは相手は二人、しかもその二人がチャンスボールが来たら
叩き込んでやろう!と虎視眈々とプレーしております。
普通に返球していたのでは、どんどんスマッシュを打ち込まれる形と
なります。
ダブルスの基本として、「攻撃している時間を長くする」つまり
上から打ちおろすショットの割合を増やす、ということであります。
しかし相手も本気で向かってくるので、そうそう攻撃ばかりを継続
できるわけでもありません。
必ず、受けに回らざるを得ないケースが出てくるのです。

そのショットの一つがロブです。いわゆるはね上げです。
このショットを、誤解している方がよくいらっしゃいます。

どういうことか?

シングルスのフェイントのように、引き付けて打点を下げてロブを
打ってしまうのです!
これは、非常によく見る光景ですが、これは決定的に間違いです。
ましてや、引き付けた上でロブをストレートに上げるなどは死んでも
やってはいけないことです!繰り返します。死んでも!です。

それはなぜか?

相手にチャンスボールを進呈しているようなものだからです。

シングルスのように引き付けるフェイントは、相手を惑わそうという
気持ちの表れ、あるいは単なる癖だと思うのですが、引き付ける事に
よって、上で取れる筈のシャトルを、むざむざ打点を下げてしまうので
シャトルの軌道はどうしたって物理的に、下から上へとならざるを
得ません。
下から上に打つということは、言い換えれば「上げている」のです。
相手に上げさせて攻撃の時間を長くするダブルスに置いては、完全に
逆行したプレーです。
引き付けたフェイントで、相手は一瞬だけ逆を突かれたとしても
所詮高い球になっているので、容易に体勢を立て直し、十分な構えで
強烈なスマッシュを喜んで打ってくるに違いありません!

ダブルスのロブは、基本「クロス」です。
というか、打った相手が最も移動距離の多いように逆サイドに振るわけです。
フェイントを入れるとしたら、打点は下げずに一瞬クイッと1フェイク
だけ入れるにとどめ、早いタッチでクロスに厳しい攻撃的ロブを
放って下さい。
そのような球に対しては、次の球は十分な体勢で打てていないので
威力が弱まり、スマッシュを打ったとしても決定打にはならず
また多くの場合は、打てずに上げてくるとか、ドロップで逃げるとか
せざるを得なくなります。

ダブルスのロブは、下から上に上げる守備的な球ですが、そういう受け
の場合の球においても、早いタッチで厳しくクロスに振り、相手に
十分な体勢を取らせず、攻守交替の機会を伺うショットにしたいものです。

教訓:ダブルスのロブは、打点を下げずにクロスに振れ!

このシンプルな方針で、早いタッチで返球したら、相手からの連続攻撃は
影を潜めることでしょう。

せっかくなので、もうちょっと。

ダブルスのプッシュについて

ネット前に上がったチャンスボール。やっと来たチャンスにバーンって
思い切り打って、ネットに引っ掛けたり、アウトしてしまう事は
よくあると思います。

これの原因の大半は「大振りしているから」なのです。

ネット前のチャンボが来ると、大概の人は「よーし!」と思って
強く振って決めることを考えてしまって、ミスってしまう事がよく
あると思います。

ネット前のプッシュは、腕は振らないで手首の先だけでチョンって
打つのです。
バックスイングがラケットヘッドを少し引いた状態、フォロースルーが
ラケットをクッと握った状態。
親指とひとさし指を支点にして、バックスイングはラケットヘッドを
手前に引いて、つまりグリップエンドは、手のひらから浮いて離れて
いる状態(親指とひとさし指にグリップを横に貫通した軸がある
イメージです)を作り、打つ時には浮いて離れているグリップエンドを
薬指と小指で握る(てこの原理で言うと、グリップエンドが力点です)
と、作用点であるラケットヘッドがコンパクトにかつシャープに
振れるという仕組みです。
これは、実践でお見せできれば非常に簡単な話なのですが、やはり文章
ですと、一抹の難しさが残りますね。

要は大振りしない、ってことです。
ラケットの振りはネットに近づけば近づくほど、コンパクトになる
必要があります。次回の練習ではその点を意識してみて下さい。

調子に乗ってきたので、もう一丁!

これはまたまた前出の見市に聞いた話ですが、ダブルスの前衛に居る
時には、後衛の動きを見ることはできないのですが、それを後ろを
見ないでショットを判断可能なのです!

これは何か魔法のような感じなのですが、タネを明かせば非常に
シンプル、しかし普通の人は気づかないところではないかと思います。

それはつまり、後衛の打球音を聞くのです。
これは全てのショットが分かる必要はなく、ドロップを音で判断し
後衛がドロップを打った時に、ネット前にぐっ詰め寄るのです!

これのどこが素晴らしいのか?
後衛がドロップを打った時に、前衛がボケッとそのままの位置に棒立ち
していたら、相手はこれ幸いとドロップをヘアピンで返してきます。
こちらが上から下に攻めていた筈が、一瞬にして攻守交替の憂き目に
遭うわけです。

後衛の打球音が「バーン」って強い音のしない場合は、「ドロップを
打ったんだな」と後ろを見ずに判断して、ドロップのシャトルの方向
(これは相手の動きを見れば分かります)にラケットを上げて
詰め寄るのです。
こうすることによって、相手がヘアピンを打ってきた場合は、プッシュ
することができるし、大抵はこちらをプレッシャーに感じて、再度
ロブを上げざるを得なくなり、上から下の攻撃が継続できるという
ことになります。

と、懐かしい細貝さんのリクエストにお応えして、今日は少し気合を
入れて書いてみました。
まだまだ伝えたい事は山ほどありますし、僕が学んでいく事も
まだまだ多いと思っています。
是非一緒にレベルアップしていきましょう!

ではまた!
posted by まさやん at 00:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック