2007年06月24日

捨てたら取れる

捨てたら取れる、とはまた逆説的な言い方ですが、捨てたコースが
取れるという意味ではなく、可能性を絞れば取れない所が取れるように
なる、という意味です。
これはダブルス前衛での話。
ダブルス前衛でなかなかカットできずに、前に立ってはいるものの
オロオロしてるだけ、ってな不憫な人をよく見かけますが、一方
前衛に立たせれば、どこに打ってもブロックされるような「壁」の
ように威圧感たっぷりに立ちはだかり、実際にことごとく捕まえられ
レシーブする方も打つコースが制限されるくらいうまい人がいます。

その差は何か?

これ、前にも書きましたが、コースを絞り込んでいるか否かの差です。

前衛で全然カットできないでオロオロしている人は、全部の球を
取ろうとして徒労に終わっている(一応だじゃれっす)のです。
大体ダブルスのラリー、特に前衛がカットするような球は、ドライブ系の
速い球が多いので、あれもこれも全部カットしようと思っていたら
全てが中途半端になり、結局どの球にも触れずに、触ったとしても
本当に触るだけになって、逆にさらに相手に突っ込んでこまれるという
悲劇が待っております。

ではどうするか?

パートナーのショットから、予測される相手の返球コースを自分なりに
読んで、そのコースに来た球だけは絶対に押さえる、予測から外れた
場合の球には手を出さない、という事です。
こうして読むことにより、多少速い球でも読んでいるので押さえる事が
できるようになるのです。
但しこの場合でも、前衛はしっかりラケットを短く持って上げて
ラリーのタイミングに合わせる事が重要です。

上記は前も書いた事なので、新知識を一つ!

これは前出の見市から指導を受けた事ですが、僕が前衛に居た時に
相手がプッシュを打つと見せかけて、ネットに落とした場面がありました。
僕は前衛に居ながらも、プッシュの構えで入ってきたので、一瞬のけぞってしまい
結果としてはそのネットに落とした球を取れませんでした。

ここで指導されたのは、「相手がプッシュの体勢に入っているのだから
前衛はプッシュは捨てて、ネットに落とされた球だけを待っていれば
取れる」という事でした。
確かに、よく考えてみると、前衛に立っていてプッシュは取れるもの
ではありません。
それよりは、プッシュは捨ててネット前に落とされた場合はそれを取る
と考えを絞れば、そこでまたラリーは継続できていたのでした。
一流選手で、ネット前のプッシュと見せかけてのネットについていける
のは、そういう考えをしているからだったのでしょう。

う〜ん・・・バドミントンを26年やってきて、まだまだ気づく事が
あるもんですなあ〜。
いやあ、面白い。

教訓:返球を予測し、予測した球意外は捨てろ。(但しダブルス前衛)

まだまだ強くなりたい42歳の全力少年でした!
posted by まさやん at 09:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック