2008年10月18日

サーブプッシュをしてから後ろに下がるな!



ではバドの話。

<サーブプッシュをしてから後ろに下がるな!>

この話も、今までに何度してきたことでしょう。
決してネタ切れな訳ではなくて、世の中の初級〜中級プレーヤー
に、蔓延している排除すべき「悪癖」ですので、ここで口を
酸っぱくして、再度強調したいと思います。

ダブルスで、サーブレシーブをする場合、一番良いのは強烈な
プッシュを相手のバック側奥に叩き込むことです。
上級になれば、ネットに切る(落とすこと。トッププレーヤーは
そうして上げさせているケースが多い)とか、相手のボディー
狙いとか、ハーフに落とすとかがありますが、一般的なレベルに
おいては、やはり相手の後衛のバック側というのは弱点である
場合が殆どで、バック側に強めの球を押し込むことができたら
相手からはそれほど強い球は返ってこないものです。

ですので、サーブレシーブは、まずは相手後衛のバック側を
狙って強くプッシュすべきなのですが、その後に問題があるの
です。

ダブルスの動きを理解できていない人は、どうしてもシングルス
の感覚でいる為、パートナーに任せる、という考えがなかなか
浸透できていないみたいです。
その代表が「プッシュをして返ってきた球を打とうとして、後ろ
に下がる」です。

これは何とか止めなければなりません!

理由を記します。

1)トップアンドバック(以下T&B)になれない
  前衛、つまりあなたが折角良いプッシュを押し込んで
  相手が上げてきている、つまり攻撃の体勢を取れる絶好の
  チャンスのところを、あなたが下がって取りに行こうと
  することによって、パートナーは必然的にサイドバイサイド
 (以下SBS)の付近で、あなたの動きを確認しながら前に出ようか
  横のままで居ようか、迷ってしまうことになるのです。
  そもそもサーブレシーブの隊形は、最初から攻撃の布陣で
  あなたが前衛、パートナーが後衛のT&Bの形ができているのに
  あなたがプッシュして下がることによって、T&Bの形が
  崩れてしまうのです。

2)強い球が打てない
  下がりながらのスマッシュだと体重が乗らない為、あまり
  強烈な球が出せません。
  あなたがプッシュして、相手が上げてきた球は、はなから
  後衛にスタンバッているパートナーに打たせるべきなのです
  後衛は、そういう返球こそを待ち構えている訳なので
  十分良い体勢にて、体重を乗せながら、前に出ながら打てる
  のです。
  下がりながら打つのと、前に出ながら打つのでは威力に
  雲泥の差があります。
  プッシュしたあなたの役割は、ネット前への返球、あるいは
  ドライブ系の返球を抑えることです。
  上がってきた球は追っかけないで、迷わずパートナーに
  任せましょう!

3)プッシュ自体の勢いが少なくなる
  これは何故かというと、プッシュして下がろうと思っている
  人は、最初から気持ちが後ろ寄りだからです。
  プッシュして下がろうとしていると、プッシュしながらも
  体と気持ちは下がろうとしている為、どうしてもシャトルを
  手前に呼び込んでしまいますし、ラケット面も腕も伸びて
  いかないので、強い球を打てる確率は下がります。
  プッシュして次の球は知らないよ、というのではNGですが
  一撃必殺くらいの勢いで突いて、返球はパートナーに任せる
  という動きをやってみて欲しいと思います。
  無論、ネット前に返ってきた球は、しっかりラケット上げて
  抑える必要はあります。

4)相手にネット前に落とされる
  対戦相手としては、プッシュして下がる相手と分かれば
  そのプッシュを安易に上げようとはせず、クロス側に流す
  とか、ネット前に落として逆に上げさせようと思う筈です
  後ろに意識があると、前への意識がおざなりになり
  スイ〜っとクロスに落とされて、ノータッチを食らうという
  情けない現象が発生するかもしれません。

前衛は、サーブをプッシュしたら、そのまま前に居て下さい!

この動きをするだけで、ダブルスがレベルアップできる筈です。
パートナーに任せる、ということをちょっとだけ意識してみて
欲しいと思います。
グリーンタウンの若林さん、細貝さん!プッシュして下がったら
ダメですよ(^^)

****************************

先週末は見市弟(元パートナー)が帰阪してきました。
彼はJTに勤めており、一時期の騒動では家にも帰れない殺気
だった状況で、激務の日々を送っていたそうですが、ようやく
最近になって落ち着いてきて、先週は和歌山で植林活動の手伝い
の為に出張したそうです。

彼は東京でもバリバリバドをやっており、先般もどこかの大会で
優勝したらしく、相変わらず頑張っているのは嬉しい限りです。
ただ今回は一緒にバドはできなかったものの、せっかくなので
ゴルフをやろうと、見市弟の方からの希望で、先月プレーした
ばかりの「あいがわゴルフコース」にてラウンドすることになったのです。

ラウンドは13日(月)。あいがわは安く、祝日でも\11,000と
いう、お小遣い制の僕の財布にも、少し優しいゴルフ場です。

当日の天気は、まさに快晴。しかも無風で、これ以上のコンディ
ションは、年間通しても殆どないくらいの、つまりは一切言い訳
できない天候でした。

見市弟は、ゴルフを始めたのは比較的最近ですが、仕事が忙しく
なる前は、結構ラウンドや練習に力を入れていたらしく、非常に
硬くぎこちないフォーム(スイングが2段モーション)ながら
ショットはあまり飛ばないけど曲がらず、アプローチもまずまず
という感じで、実は僕はグロスで二連敗していました・・・

見市弟は、練習不足からかはたまた仕事疲れからか、プレーに
一切の精彩を欠き、朝一のティーショットから、左右に球を
曲げていました。

特にひどかったのはバンカーショットとパットで、バンカーに
入れたら、まず一回では出せなかった感じです。
またパターは、高麗グリーンで芝目がきつく読みにくい面は
あったのですが、それを差し引いてもおつりが来るくらい
強弱もラインもノーカンで、打ってミスする度に牛のように
毎回「んも〜ぅ!」情けなく泣き言を叫ぶのでした。

彼は24(Twenty four)のファンで、ジャックバウワーを
よく知っているので、ジャックの吹き替えの真似をする芸人
「どきどきキャンプ」(最近の僕のお気に入り)について
話しましたが、彼は知らなかったとのことでした。
しかし、僕がネタを真似すると、それだけでかなりウケたようで
ラウンドの間中、偽ジャックになり「これを必ず入れるんだ!」
「集中だ!」「クロエ!コースのレイアウトの衛星画像を、俺の
携帯に送ってくれ」とか、しょうもないことを繰り返しており
ました。僕もやってたけど・・・

あるグリーンで、弟は短い1mくらいのフックラインのパットを
残しました。
ここでもジャックは「集中するんだ!」「俺はこれを必ず入れる」
と半ば呪文のように言い聞かせていましたが、ボールは無情にも
適正な曲がりをせず、カップの右側を通過していったのでした。
この時の弟は、パットを打った後「ボールよ曲がれ」と言わん
ばかりに、全身を痙攣しながら硬直させて、フックの方向に
ごつい体を捻らせのけぞらせていたのが、大爆笑でした!
その動きを思い出すだけで、今でも吹き出してしまいます。
打った後に、どれだけ体に力をこめようが、体を曲げようが
転がってしまったボールの軌道には、1mmも影響がないのですが
ボーリングで球が曲がって欲しい時と同じで、彼は一心不乱に
「ボールよ曲がれ!」とスプーン曲げのように念じていたので
しょう(^^)あ〜可笑しかった。

僕は、48・49の97。前回よりは悪いですが、僕はゴルフは
100さえ切れれば良いと思っているので、これで十分満足でした

肝心要のジャックバウワーさんは・・・55・58の113!
この日の弟はいわゆる「屁タレ」でありました。

ということで、盛りだくさんの週末でした。疲れましたが非常に
楽しかったです。
また例の「痙攣プレー」が見たいので、武ちゃんまたやろうね

来週24日は、僕にとって運命の日です。
運命とは大げさですが、何かというと前から受けようと思って
いた、視力回復手術を受けるのです!
「スーパーイントラレーシック」と称するこの手術は、レーザー
にて、両眼10分くらいの短時間で、平均視力0.08がな、なんと
1.65にまで回復(平均値)するという夢のような手術で、中学生
から悩まされてきたメガネと、大学時代から煩わされてきた
コンタクトから解放されるかと思うと、今から非常にワクワク
しているのであります。

この手術自体は昔から存在していましたが、以前は50万くらい
掛かっていたのが、最近では20万を切る価格になり、また
タイガーウッズや、横峰さくら、平塚哲二、横田真一などの
有名人(ゴルファーばっかり・・・)も受けていて、それ以外
にも35万人もの実績があり、お客さんも受けて全然問題
無かったとのことなので、手術に踏み切ることにしたのです。

これで、バドの時のコンタクトの不快感、メガネの不完全な視界
冬場のメガネの情けない曇りとおさらばすることができるし
また夏場の素潜り時の海底観察にも、大いに力を発揮して
してくれそうで、そういうことからも24日は運命の日なのです

ただ、術後一週間はお酒は飲めないのと、術後一ヶ月は激しい
スポーツはできないそうなので、お酒は我慢できますが、ひと月
もの間、メインのバドができなくなるのは、非常にストレスが
たまりそうです・・・
まあバドの為に手術する意味も大きいので、ひと月の間は許される
範囲でのトレーニングを頑張りたいと思います。

でも案外、自分のメガネ顔はイケてると思っているんですが。
自意識は常に過剰なマサやんでした!
ではまた。
posted by まさやん at 08:07| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マサやんさんのブログ、毎日チェックさせてもらっています、マサやんさんのバドの話はとても解りやすいです。レーシックは僕も何年か前に受け、手術費20万程はとても有意義な買い物だったと今でも思います。 手術が終わってバドができない間に、とても表現力豊かなブログの更新をバンバンお願いします。
Posted by ? at 2008年10月18日 21:40
?さん、コメントありがとうございました。
毎日ブログチェックして下さっているとのこと、非常にありがたいと同時に、更新が遅いので申し訳なく思います。
本日が視力矯正の事前検査でした。
僕の場合角膜の厚さが普通より薄かったようで
イントラレーシックは受けられず、LASEKという手術になるそうです。
またその辺の事も別途報告させて頂きます。
毎度ご愛読ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。
Posted by マサやん at 2008年10月19日 18:30
バドの話、いつもマサやんに言われている事だなと思って読んでいたらご指名でしたね。そうなんです、プッシュが甘かったりすると抜かれるのを恐れてつい下がってしまうんですよね。これはスマッシュ後に前へダッシュしない事と並ぶ2大悪癖の一つです。
明らかにパートナーを信用いていない証拠。練習でくるくるペアを換えながらダブルスするんでね〜。練習でラリーを作るために、パートナーのカバーで無駄な動きをして、それが身に染み付いてしまった。・・・注意せねば。
ところで昨日の宮前区長杯55才以下ダブルスで、H貝さんと組んで優勝して2連覇達成で〜す。
また辛口で教えて下さい。
Posted by 若だんな at 2008年10月20日 23:15
若だんなさん、早速のブログ確認ありがとうございました。
そうですね、今回の記事は頭の中に若だんなさんとH貝さんの事はかなり浮かんでおりました(^^;
プッシュしてその返球を前衛が取りに行くのは、いわば半面シングルスをしているようなものです。
パートナーのカバーとありますが、パートナーの成長を期待する意味を含めても、グッと我慢してでも、後衛に任せるべきかと思いますよ!
でも決して僕は辛口ではないと思いますけどね・・・
ところで、二連覇おめでとうございました!
実力の高いお二人ですので、優勝は納得です。
またGタウンお邪魔しますので、対戦よろしくお願いします。
次回は甘口で行きます!?
Posted by マサやん at 2008年10月21日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック