2010年12月23日

日本リーガーのレシーブについて

昨日は忘年会でした。
と言っても会社関係ではなく、僕がたまに(まれに!?)顔を
出している、木曜の練習場所のメンバーと、でした。

この場所は、僕の家から最も近い体育館(コミュニティセンター
通称コミセン)なのですが、今まではもう一つのコミセンの方に
行っていました。

前にも書きましたが、昨日のメンバーは、バドレベル的には
まだまだこれからグングン上達を目指す、発展途上の状態なの
ですが、メンバーの雰囲気が明るく上達への情熱も強いので
僕としては、参加するのが楽しい団体なのです。

しかし最近は仕事が忙しくなって、帰宅が22時23時にもなって
しまって、そちらの練習はおろか練習自体できないという悲しい
状況なのです・・・

練習ができないなら、せめて飲み会だけでも!?ということで
僕の企画で、正岡会と称した忘年会を実施することになりました。

昨日は忘年会シーズンたけなわの祭日前ということもあり、飲み
屋ひしめく香里園でさえ、予約は困難を極めました。

何軒か電話をかけまくって、何とか空いていたお店を予約して
昨日は19時から当然の「飲み放題」

昨日も仕事は残りまくっていましたが、幹事の僕が遅れる訳には
いかないということで、上司に仕事をお任せして(^^;僕は
18時15分に、飛び出すように会社を上がったのでした。

ただ、5分ほどの遅刻が確定的でしたので、僕は途中で参加者の
皆さんに

「スミマセン。5分ほど遅れます。先に入店しておいて下さい」

とメールしたら、すかさず参加者の一人嶋田さんから返信があり

「了解しました!ゆっくりと来てください」

という温かいメールをもらいましたが、僕が店に入るとその
嶋田さんはまだ到着していませんでした(^^;

メンバーは、中島さん、嶋田さん、T永さん、竹内さん、古塚さん
西田さん、そして幹事の僕の7名でした。

翌日休みだと思ってこの日を設定しましたが、確認してみたら
殆どの人が翌日仕事だということで、申し訳ない気持ちが少し
しましたが、飲み始めたらその気遣いはすぐに消失してしまい
ました(^^)

中島さん、T永さんと飲むのは初めてでしたが、皆さん普段通りの
性格で、明るく楽しい時間を過ごすことができました。
特に古塚さんは持ち前の明るさとサービス精神で、乾杯のご発声
を、都合20回はしたでしょうか!?場をかなり盛り上げてくれた
ことに加えて、お酒の機敏なオーダーや会計もお願いしてしまい
実質幹事を担当してくれて、本当にありがとうございました。
僕は名ばかり幹事でした・・・(^^;すみません。

飲み会をして思ったのは、やはりこのメンバーは純粋にバドが
好きなんだなあ、ってことです。
上達への意欲が言葉の端はしに表れて、強くなりたい!っていう
気持ちをひしひしと感じました。

僕としては、この愛すべきメンバーに、マサやんの生指導をして
差し上げたい気持ちが強いのですが、いかんせん練習自体に行け
ない仕事の状況が歯がゆくてなりません(_ _;

しかし、このメンバーと出会えたのも何かの縁です。
昨日来られなかったメンバー(谷口さん、永田さんら)も含めて
何とか少しでも僕が力になれたらなあと思いを新たにしました。

まずは皆さんの素振りから改善が必要ですが(^^)
それとなわとびですね!
みんな、逃げ出してしまうかなあ!?

昨日の宴会直後の集合写真です。嶋田さんからも、更新が遅いと
叱咤激励頂きましたので、二日酔いながら意地で更新しました!?
昨日参加してくれた皆さん、どうもありがとうございました。
また引き続き今後ともよろしくお願いします。
DSCN2788.JPG

ではバドの話。

<日本リーガーのレシーブについて>

先週日曜に、守口市民体育館で日本リーグが開催されました。
友人の見市とともに観戦に行ったのですが、そこでの感想です。

日本リーガー達は、当たり前ですが、みなスマッシュがめっちゃ
速いです。
あれだけの速さならば、社会人レベルならば1〜2発は拾えても
ずっと拾い続けるのは厳しいなあと思います。

しかしレシーブする側も日本リーガー。そんな速いスマッシュも
決して簡単には決めさせないどころか、浮かさないでクロスに
切り返したり、ドライブで押したり、スマッシュの速さを苦に
していない感じさえ受けました。

僕はレシーブがあまり得意ではありませんので、今回の試合では
レシーブ側のプレーに集中して観戦していました。

そこで気づいたことを書きます。

1.ちっとも慌てていない
 → 普通、というのもあいまいな表現ですが、初〜中級選手の
   感覚では、今から速いスマッシュを打たれる!って思うと
   体に力が入り、速いスマッシュに力負けしないように!
   って、体全身で強くスイングして、奥まで弾き返して
   やろう、ってな感覚になるのですが、日本リーガー達は
   決して(決して、です)そんなプレーはしていません。
   基礎打ちでの緩いプッシュレシーブのように、体は
   リラックスして、しかし神経だけ鋭敏に集中して、速い
   スマッシュを待ち構えているのです。

2.スイングが小さい
 → もう、感覚としては、肘から先しか動かしていない感じ
   でした。
   ひじを先に始動させて、リストスタンドを保った状態で
   速いスマッシュに合わせて面で押す。それだけのような
   印象でした。実際にそうだと思いますが。
   そうでもしないと、速すぎると言えるスマッシュに対応
   などできないし、強く振ろうとするとどうしてもちゃんと
   当たる確率も下がります。
   そもそも相手のショットが速いので、面を合わせて押す
   だけで、十二分に速い球が返せるのです。
   そのためには、1.の慌てないことに加えて、スイングを
   小さくすることは必須なのですね。

3.ドライブで返している
 → スマッシュレシーブ、というと、高く奥まで弾き返す
   というイメージがあるかもしれませんが、日本リーガー達
   は、基本的にそのような返球はなく、ネットから浮かさず
   ドライブ系の球でレシーブしていました。
   特に多いなあと思ったのは、右側に居る人がバックハンド
   から、クロスで相手の左側、つまりフォアサイドへ返す
   レシーブでした。
   相手のバック奥からストレートにスマッシュを打たれて
   相手の前衛は基本的にストレート側の返球を待っている
   ので、この意表を突いたクロスへのレシーブは、決定こそ
   しないものの、相手の体勢を少し乱すことに一役も二役も
   かっていました。
   ただ、それは技術的に難しいと思いますが・・・

日本リーグの試合はトナミ運輸対金沢学院クラブで、残念ながら
力の差が大きく、大変失礼ながら面白味に欠ける対戦でした。

シングルスは佐々木選手対坂井選手。坂井選手のスマッシュ&
ネットがどこまで佐々木選手に通用するか注目しましたが、これ
また残念ながら力の差はまだ大きく、佐々木選手のジャンスマに
坂井選手は殆ど対応できていませんでした。

第二ダブルスは、トナミ運輸に新規加入したセティアワン選手の
プレーを楽しみにしていました。
ご存知の通り、セティアワン選手はキド・セティアワンペアと
して、北京オリンピック金メダル獲得したり、スーパーシリーズ
でも何度も優勝している世界一のペアでした。

僕も彼の天才的な前衛のカットぶりは、DVDの映像で何度も感動
しながら見ていましたので、生で世界のプレーに触れられる!と
非常に楽しみにしていました。

トナミに所属していたチャンドラ・ウィジャヤ選手と仲が良い
みたいで、そのつてもあってトナミに移籍したようです。
当日も、観戦する僕らの左斜め後ろで、あまり目立たなかったの
ですが、私服のチャンドラ選手が応援しにきていました。

そして生のセティアワン選手のプレーですが・・・これまた
ちょっと相手との差がありすぎて、おお!と感動するほどには
到らなかったのが残念至極です(^^;

しかし時折見せる前衛でのカット、プッシュ、そして後ろからの
十分に体を入れた体勢での、滞空時間の長いジャンプスマッシュ
には、やはり元世界一と感心することしきりでした。
めっちゃ速いラリーのさなかで、彼はとても落ちついて普通に
冷静にラリーを続けていたのが印象的でした。

彼らのプレーのようにはとてもできませんが、定期的に上級者の
プレーに生で触れて、モチベーションを高めることは大事ですね
ブルースリーの映画を見て燃える、あの心理です(^^)
すぐに燃え尽きないようにしたいと思います・・・

***************************

昨日はバドマガの発売日でした。
僕は、大学生時代には毎月購入していましたが、最近は禁断の
立ち読みで、しかし毎月欠かさず一応は読んでいました。
地元香里園のTSUTAYAは、立ち読みOKなのです。(本当。図書館
のように、座ってお読み下さい的なスペースがあるのです)

しかし昨日は、僕は財布のひもを緩めて、バドマガ1月号を購入
しました。
それは・・・僕の名前が載っているからなのです!
84ページ40歳シングルスのところです。

全日本シニア特集で、僕の顔写真こそ載りませんでしたが!?
ベスト32以上の対戦は、名前を載せてもらえるのです。
バド歴30年にして、初めて名前が載りました(^^;
全中優勝時バドマガの表紙を飾ったことのある見市には、到底
足元にも及びませんが、僕の中ではとっても嬉しい出来事なの
でした。

滋賀県(長野県代表)の石井先輩からも、バドマガを購入したと
メールを頂きました。ベスト32の石井先輩も名前が載っている
のです。

来年はもっと頑張って、さらにもっと上を目指して頑張って
いきたいと思います。
目指せ!写真掲載!?
石井先輩!来年も二人で頑張って、仙台で美味しい牛タンを食べ
まくって、そして来年もバドマガ1月号に名前を載せましょうね

それではまた!
posted by まさやん at 11:22| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする