2010年11月05日

待たれていることを恐れないようにしよう

では、バドの話。

<待たれていることを恐れないようにしよう>

バドミントンは、相手の読みを外して、できる限り意表を突く
ようなショットを打つ球技だと思います。

なので、できる限り相手の予測と逆、逆の方に打っていった方が
良いのですが、そんなに毎回毎回、上手く逆ばかり突ける訳では
ありません。

ラリーの中においては、逆を突こうとしながらも、それが実は
相手がズバリ待っているコースだと言うことは、まま有ります。

その状況は本当は避けたいながら、しかし打つコースの選択肢
など知れているので、どうしても相手が「待ってました!」と
いうコースに、図らずも配球してしまうケースがあるのです。

しかしそういう場合を必要以上に恐れて、あまりに逆ばかり
突こうとしてしまうと、伸び伸びとした攻撃ができないという
ことにつながってしまう恐れがあると思うのです。

相手の考えることなど、はっきり言ってあまり分かりません。
なので、必要以上に相手の予測力を買いかぶるのは、試合を
進めていく上で、マイナスになりこそすれプラスにはなりません

ですので、ラリーをしていく中においては、多少相手に読まれ
ようが、自分の信じるラリー展開を自信を持って進める方が
結果として良い方向につながるのだと実感として思っております

これを言ってしまうと元も子もないですが、相手の球は全部
取れば良いのです!
なので、あまりに「逆を突けなかった」ことは気にせずに、淡々
と自由闊達・縦横無尽なラリー展開で、相手に一定のコースを
意識させない配球を続けることが大事なのだと思います。

バドミントンにおいて、一番マズいと思うのが焦ることです。
焦ると自分のプレーはできませんし、ミスも重なり不要な失点を
相手に献上することが、どうしても多くなってしまいます。

決めても決められても平常心。

これがものすごく大事な心がけではないでしょうか?

何か

分け入っても分け入っても青い山

種田山頭火に通じるものがありますね!?

明日も18時から練習です。
明日は、ミズノの堀田が、バドの上手い外人さんを連れてきて
くれるとのことで、とても楽しみです!
僕の錆付いた英会話が、明日は四條畷サンアリーナにこだまする
ことでしょう!?

最初のセリフは

「ファット カインド オブ フェイント ドゥ ユー ライク


でしょうかね(^^)
明日は、僕の錆付いた英語を駆使するチャンスです!
今晩予習しよっと!?

***************************

愛媛県今治市に住む岸本さんは、既にこのブログでは有名ですが
岸本さんは、会社を辞められてかまぼこ職人に弟子入りした事は
書きました。

それだけではなく、何と岸本さんは田んぼ600坪!購入されたそう
です。
岸本さん曰く、今治市は土地は安いとのことですが、それでも
600坪はスゴイ!!!

その田んぼで自作されたお米を、ありがたくも僕に送ってくれた
のです! 10kgも!!!
さらに、ハウス(とメールには書いてありましたが、ビニール
ハウスのことでしょうか?)も建てて、そこで見事に育った
サツマイモ11個も頂戴しました。
DSCN2712.JPG
岸本さんは会社を辞められてから、どうしてそんなにストイック
になるんですか?というくらいに、長時間労働にいそしんで
おられます。
そんな中、あまり更新もしない(^^;ブロガーの僕にお気遣い
頂いて、本当に恐縮至極です・・・
一応美味しいと思われる芋焼酎をお送りしましたが、岸本さんの
過酷な労働には決して見合うものではないので、岸本さんが少し
でも「美味しい」と思って頂ければそれで本望です。
岸本さん、いつもいつも本当にありがとうございますm(_ _)m
今後とも、心温まるお付き合いをよろしくお願い致します。

早いもので、ビッグイベントである全日本シニアまで、あと
わずか16日です!
なかなか十分な練習はできておりませんが、最近スマッシュの
調子だけはなぜか良いので、ダブルスには密かな期待をして
いるのでありました。

でも今は、美味しい美味しい焼酎を頂いています(^^;
練習は、明日頑張ろうっと!

ではまた。


posted by まさやん at 22:04| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする