2007年10月17日

あえて7割の力で打とう

こないだの富士通レディースゴルフ見ましたか?
女子のゴルフトーナメントですが、なかなかに見ごたえある勝負でした。
最終ホール1位で迎えたのは、既に今年の獲得賞金が1億円を突破している上田桃子。
1打差の2位には、残り3ホールで3打差を詰めてはきたものの、最後のバーディパット
は惜しくも外れて、1位の上田桃子の80cmのウイニングパットを見つめるのみと
なった横峯さくらがおりました。
TVを見ていた僕は嫁に「あのパットならオレでも入るよ!」と上田桃子の最終パットを
見ていたら、何と絶対外す筈がないと思った80cmのパットは、無情にもカップに
蹴られて、痛恨のプレーオフとなってしまったのです!
最後のパットを見ていた横峯選手も「あっ」と声を上げたくらいでした。
焼酎ロックを飲みながら見ていた僕も「あっ」と大きな声を出しました。

そしてプレーオフ。1ホール目はお互いに長いバーディパットを入れあう気迫の展開。
両者譲らずといった名勝負になるかと思われた2ホール目。
横峯は左のバンカーに入れて、上田は右のラフ。上田は直接ホールが狙えない為出すだけ
となり、3打目に勝負をかける展開となりました。

横峯も距離のあるバンカーショットで難易度は高かったのですが、ここ一番の見事な
ナイスショットが出て、カップ下のバーディチャンスに先につけました。
上田は是非とも横峯の内側につけて、寄せワンのパーで上がりたいところ。
しかし集中して放たれた運命の第3打は、これまた無情にもグリーン手前の深い深い
バンカーに捕まってしまったのです・・・
このバンカーに入れた段階で、ほぼ上田の優勝はなくなりました。
というのもここからはあまりにアゴが高くて直接グリーンを狙う事ができないからです。
上田に残された道は、バンカーの横に出して次のショットをチップインするしかない。
それも横峯が3パットのボギーを叩いてくれるのが条件という敗色濃厚の流れでした。

ああ、しかしその最後の望みも、次のバンカーショットで脱出できなかった時点で
完全に消え去ってしまったのです。辛い映像でした。

解説者の戸張捷氏も「上田はここでギブアップするんじゃないか」と気持ちを代弁して
いましたが、そこは上田は立派でした。
負けが決まってからもプレーを継続し、横峯のパーパットが入るのを見届けて、横峯と
悔しい悔しい抱擁をかわしたのでした。

勝負事は最後の最後まで分からない、という言葉を改めて強く思った試合でした。
試合後上田は涙ぐんでいましたが、悲しいのではなくウイニングパットを決め切れ
なかった自分の不甲斐無さが悔しかったのでしょう。

ゴルフは1位と2位では賞金が倍違います。それを思うと僕らの試合でのプレッシャー
なんて、無いに等しいですね!?
次回から緊張しかかったら、この試合を思ってリラックスできそうです。

ではバドの話。

あえて7割の力で打とう

バドミントンは、実力が均衡しているならば攻撃をしている方が強いのは言うまでも
ありません。
それは相手のショットに合わせるレシーブより、上から打つスマッシュの方が難易度が
低いからです。

スマッシュはかなりのケースにおいて、最強のショットと言えるので、基本的には
スマッシュを打てる場合はスマッシュを打った方が良いと言えるでしょう。

しかし、そんな最強である筈のスマッシュも、同じ速度・同じリズムで打っていると
かなりのスピードがあっても、相手が慣れてしまって、一生懸命打っているにも関わらず
たやすくレシーブされてしまうということがあります。

そういう展開になると、打っても決まらない焦りから無理なコースを狙い始めてミスが
出たり、取られ続けるので体力も消耗したり、打てる場合でも弱気で打てなくなったり
します。

こういう時の為に、ラリー中に全力で打てるところを、あえて7割位の力でカット気味に
上から下に角度をつけて打って(スマッシュとカットの中間位のイメージ)、相手に
触らせてミスを誘発する、という方法があります。

相手はこちらが全力スマッシュの速度で待っていますので、そのような人を小ばかにした
ような速度で来ると、強い球で返球しようとして、まず心が乱れ、また体も前のめりに
なり、タイミングも合わない事から、相手の体勢を崩すことができると思います。

これはその球で決めるのではなく、ショットのバリエーションとして、ちょっと緩い球を
交えることによって、全力のスマッシュをより効果的にするという意味があります。
全力で打てるところをあえて7割の力で打つのは、何かもったいないような気がしますが
長い目で見て、相手に少しでも対応しにくい配球をすることは非常に大事だと思います。
まあ、全力で打って常に一発で決められれば、全力のままで良いですが。

速いショットも一本調子だと、相手は意外と取り易いものなのです。
速い筈なのに決まらないなあと悩む人は、ショットの緩急(コースも)を再度意識して
色んな球を打って相手をかく乱するようにしてみましょう。

***************************

今週土日は、会社の慰安旅行です。
京都と奈良の県境近くの「レイクフォレストリゾート」という、関西唯一(らしい)の
スポーツ総合リゾートホテルにて、ゴルフ、ボーリング、温泉、宴会を満喫して参ります
ボーリングは僕は好き&得意で、ベストスコアは何と247です!
もう二度と出る事はないでしょう・・・
せめて147は出したいなあ!?
ではまた。
posted by まさやん at 00:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする